2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2003/09/29
 「主文 被告『金のなる木』を詐欺の罪で懲役5年に処す」。北条です。


ノーベル賞の歴史も1世紀を過ぎている。

その数々の栄光をどれほどの人が理解し、その恩恵に感謝しているだろうか。

昨年、一会社員として田中さんが受賞されたことは記憶に新しい。

受賞対象となった研究は「生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発」であり、さっぱりわからない。

果たしてノーベル賞は「すごい科学者」に贈られるのか「世に役立った功績者」に贈られるのか……

そもそもノーベル賞はダイナマイトの発明者であるノーベルの基金によって設立された。

そのときは「功績ある科学者に」をモットーとしている。

科学の結集「ダイナマイト」が一瞬のうちに「兵器」になってしまった嘆きが発端(贖罪?)のようである。

ノーベル化学賞
ラザフォード(α線、β線、γ線の発見)やマリー・キュリー(ラジウムの発見)、シーボーグ(プルトニウムの発見)のような身近なこともあれば田中耕一(生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発)のような覚えられそうもない研究もある。

ノーベル物理学賞
レントゲン(X線の発見)のような功績もあれば、シュレディンガー(波動方程式)のように物理学を志す若者を諦めさせる原因となるような難しいことを研究したりする。アインシュタインの相対性理論も恩恵を得ているのはSF作家ぐらいなものだろう。

ノーベル平和賞
兵器を作ったことに対しての平和賞ということだろうか。過去には
キング牧師、佐藤栄作、マザーテレサ、ダライ・ラマ、スー・チー、アラファト議長や団体(国連など)が受賞している。その道では有名どころである。

ノーベル文学賞
メーテルリンクやヘルマン・ヘッセは分かるが、あとの外国人は洋書とか読まないのでよく知らない。もっと日本人が受賞してもよいと思うのだが。最近では「ハリーポッター」のローレンス氏が候補に上がっているとかいないとか。

ノーベル医学・生理学賞
ジフテリア、マラリア、黄熱病などの病気を研究したり、インシュリンやDNAの研究など。「みつばちの8の字ダンス」で受賞というのもある。「高田純次ダンス」が候補に上がっていないとかいないとか。

ノーベル経済学賞
比較的最近設立されたもの。よくわからん理論が勢ぞろい。

イグ・ノーブル賞
???はて、そんな賞あったっけ? あるんですよ、それが。(これ

これこそ我々庶民が求めていた研究なのではないだろうかと思う。

そんな研究何の意味があるのだろうか? とかいう趣旨らしいがとってもよいと思う。

「なぜトーストがバターを塗った面が落ちるのか?」非常に興味深いではないですか!(重力だと思うけど)

いや、こういった無駄な知識も……と書こうとして気がついたけどそれってトリビアじゃん!

いや、研究だから違うかもしれないし、役に立つことだってある。た、たとえば……

・なぜジャ●プはすぐ格闘路線に走るのか?
・なぜ本屋の本は上から3冊目を選んでしまうのか?
・なぜマンホールと地面の絵柄がずれているのが気になるのか?
・鉛筆を両方から削るとなぜ「泥棒削り」なのか? 長くなったと錯覚するのはなぜか?
・ドラクエの「にげる」は何回まで我慢できるか?
・ドラゴンボールは本当に「もうちっと」だけ続いたのか?
・しずかちゃんが風呂に入るときも髪をほどかないのはなぜか?
・「ヴォルガードII」のIはどこへいったのか?
・エスカレータは手すりの方が速く移動している気がするのはなぜか?
・UFJはUSJにあやかろうとしたのか?
・「KAN」はどこへいったのか?
・小●幸子の衣装は無駄遣いだと文句言う人ほど紅白を真剣に見るのはなぜか?(その後文句言う)
・スリランカの首都が言えることがいつ役に立つのだろうか?
・「ンジャメナ」という都市の名は知っていても、どこの国か知っているのか?

・結局こういう結末にしたいのに仕事をサボってどうでもいい前置きの「ノーベル賞」を必死に調べているのはなぜ?