2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2003/12/16
娘の名前を決めるのって、どきどきするんでしょうね。

最近の子供の名前なんか見てると、凝ったものが多すぎます。読めないのばっかり。

「萌絵」なんてのを発見したけど「もええ」なんだろうか。おっさんが奇声を発してるようだ。「もえ~」って。

「小南美」はなんだろう。この子は「上上下下左右左右BA」とステップを踏むと無敵になるんだろうか。

二人目は「南無子」がいいと思いますよ。仲悪そうだけど。

ここで気をつけなければならないのが、意図せずにいじめの対象となってしまうような名前だ。

まさか「雲子」なんてつけるバカ親(親ばかではない)はいないと思うが、4歳で自殺するね。

先ほどのアレンジで「小南仁」なんてのもダメ。風俗まっしぐら。

そんなベタではないにしても、時として悲劇はありうるのだ。

「笑美」(えみちゃん)。かわいらしいではないじゃないですか。いつも朗らかに笑う美少女をイメージできる。

ところが、この後、突如彼女を失意のどん底に落とす罠があったとは知る由もなかった。

仮に北条家に生まれたこの子を「北条笑美」としようではないか。

そしたらいつ訪れる、こう書かれるそんな日が……



北条(笑)


そして中学校の名簿では「 北条(藁 」となり、

高校の名簿では「 北条(w 」とまで成り下がっていくのは明白。

彼女の笑みはこうして閉ざされていったのであった……