2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2004/01/19
 コタツでうたた寝していたらスーパーの閉店時間を過ぎていた。献立が楽になりました(カップラーメンにお湯を注ぎつつ)。北条です。


緊急事態!

ですとろんが あらたなちからで

とんでもない事件が発生しました。

電車で出かけていたんですよ。そしたら自動改札のところで前の女性がもたついている。

私も心が寛大なので「自動改札の通り方もわからない奴は、荷物まとめて故郷へ帰れ!」とか思うわけですよ。

無視してせかすように定期券突っ込んだら、出て行きましたけどねその女性。

バタン! ピコンピコンピコン!

閉められました……

いやね、定期券が出てこねえの。何回通ろうとしても出てこねえの。

駅員も「いい年して無賃乗車か?」とか笑みを浮かべてるんだけど、慰めにもなりゃしねえ。

「すいません、定期券が吸い込まれたようなのですが……」

と言って、駅員の首根っこをつかんで、毒手とか突き出してたら機械調べてくれましたよ。

「ないですよ……」

「いや、そんはずありゃしまへんやろ」(訛り間違い)

「じゃあ、その前の人のときに出ちゃって持って行っちゃったんだろうね」


定期券泥棒!


今、笑ったやつ、前に出ろ! 歯を食いしばれ!


避けたら独房行きだぞ!

いや、おかしいやん。その人普通の切符入れてたやん。出てきたのが定期券ならすぐわかるやん。

「あらっ、切符が大きくなったわ。うふっ☆ もうこんなに大きくなっちゃって……若いのね」

とか言ってるわけ? ありえない。

買ったばかりで、あと3か月分残っている定期券。しかも超ロングトリップ定期券です。

金額も半端ではありません。あれがないと私は明日から盗難自転車通勤をしなければなりません。

「とりあえず5日間はこの代用定期券を使ってね。その間に出てこなけりゃ、死ぬしかないね」

といって、紙切れ1枚をくれました。期限は5日間。

頼むから定期券返してください! あれは先祖代々伝わる徳川三代ゆかりの定期なんじゃ……