2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2004/01/21
 「Oh! ザッツ グレート デギン!」と言って誉める英会話講師(アメリカ出身:好きな日本語は「米騒動」)に出会いたい。北条です。


(警察学校にて)
「今日は、誘拐事件を想定した訓練を行う! 気を引き締めてやるように!」

『シーン1 犯人からの電話』

#1:
「お金を預かった。返して欲しければ、娘を用意しろ!」
「お、お金の音を聞かせてくれ!」
「今、ここにはいないから無理だ」
「じゃあ、跳んでみろよ! 今、チャリっていったぞ!」

#2:
「お宅の息子さんを預かっている」
「いつもお世話になっております」

#3:
「オタクを預かっている。帰してほしけれ……あっ何をする!」
「帰してくれよ~。今日は、ボクのモームスのDVDが発bガチャッ! ツーツーツー……


『シーン2 説得工作』

#1:
「警察には知らせるな」
「じゃあ、どこに知らせればよいのかね」
「知り合いが新聞社に勤めている。今から番号を言うから控えろ!」

#2:
「む、娘は無事なのか!」
「ああ、今は青酸カリで静かに眠ってる」
「死んどるやん!」

#3:
「貴様はお金を5つの袋に分けて入れるんだ」
「そ、そちらの手はずはどうなっているんだ」
「こちらも娘を5つの袋に分けて持っていく」
「だから、死んどるやん!」


『シーン3 犯人我慢できずに人質を陵辱』

「教官、その訓練は我々にどのようなメリットが?」
「……次っ!」


『シーン4 取引』

#1:
「例のMONOは持ってきたか」
「ああ、よく消えるぜ」
「ベタだな」

#2:
「紙幣は全部古い札で用意しろ!」
「それをどうするんだ」
「すべて10レースの単勝5番に振り込め!」
「ハルウララ!」

#3:
「例のものを先に見せろ!」
「ここに全部ある」
「おい、おい、まさかオチを考えていなかったわけではあるまいな」
「くっ!」
「オチが付けられなかったことをカミングアウトして失笑を誘うのはテキストサイト管理人の悪い癖だぜ」
「だまれ!」
「おい、おい、またガンダムネタか? さすがに3日連続だと客も引くぜ」
「ま、まさか、そんなことするはず……ないだろ。人質はどこだ!」
「土手の裏さ」
「警部! 副総監は無事です! 副総監は無事です!」
「おい、おい、今度はパクリかよ?」
「副総監だったんだ」
「お前が言うな!」