2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2004/03/07
 宮里藍のことをゴルフ界のアイドルと書いてあった(略してゴルドル)のだが、どうかと思う。若い&天才=アイドルの図式があるのなら田村亮子だってもっとアイドル扱いされてもいいんじゃなかったのだろうか(ある意味途方もないニックネームがありましたが)。北条です。


カラスも鳥インフルエンザに感染!

なんでも、養鶏場に侵入したとか何とかで、感染したらしい。

さてさて、二羽だけ死んで済めば問題はないのだが、この野鳥がどこにばら撒いたかが分からない。

下手したら花粉のごとく、インフルエンザ菌が宙を舞い、野鳥という野鳥へ……

そして、飼っている鶏、鳥にふりかかってくる可能性もあるのだ。

鶏肉だけでなく、卵さえも市場から消える可能性があるのだ。

はっきりいって事態はBSEどころではなくなってきた。菌が野生化しているのだ。

鳥を飼っている人は気が気でないだろう。日本中が鳥のゴミにならない日を願うばかりだ。


と思っていたら、こんな事件が!!










鳥インフルエンザに感染の疑いがある「青い鳥」を殺処分

 日本に蔓延して深刻な問題となっている鳥インフルエンザ問題に新たなが事件が生じた。厚生労働省は調査の結果、「青い鳥も鳥インフルエンザにかかっている可能性が高い」と発表し、すぐに捕獲して殺害する方針を打ち出した。

 自衛隊員4000人をチルチルとミチルの家に向かわせたところ、二人はちょうど魔法の国へ旅立っていたばかりだった。自衛隊員はマニュアルどおり、家の中で青い鳥を発見して、捕獲に成功した。これで事実上、チルチル・ミチルは青い鳥を発見することなく物語が終わるという寸法になる。

 また同省は鳥の処分だけにとどまらず、ザ・タイガースの「青い鳥」や桜田淳子の「わたしの青い鳥」なども同様に感染する疑いがあるとして、レコード会社に販売を取り止めるよう要請した。
 また『バビラトラリラ』は鳥インフルエンザを促進する魔法として、口にしてはいけないとする報告書も提出され、今後の動きが注目される。

殺処分された青い鳥