2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2004/07/24
女だらけの水泳大会 ピロリもあるよ☆ いらないよ。北条です。


さて、夏休みです。学生の皆様にとっては夢のひと時なのかもしれません。

もう夏休みなどというのは遠い過去の話であり、何があったかも忘れてしまった。

そこで私は考えた。学生の夏休みらしいことをしてみようと!

学生の夏休みといえば……宿題! ということで。



企画第一弾! 北条童心に還る

(女学生限定)

あなたの代打宿題 引き受けます!

課題:読書感想文(400字詰め原稿用紙3~5枚のもの)学年は問いません
書籍:文学作品(鴎外、漱石など)はもちろん、現代物(村山由佳さんとか重松清さん)でも可。
    課題図書も可。
納期:8月15日前後(希望により変更可)
人数:厳正な抽選の上、3名まで
条件:文句を言わない人、本気で提出してくれる人、秘密を守れる人
納品方法:テキスト、Word、PDFなどメールにて送信


ということで、今回は読書感想文である。遊びたいざかりの人、読書感想文が苦手な人、本を読むだけで眩暈がする人、部活動に忙しい人。そう学生は忙しいであろう。

先日、読書感想文は1行読めば書ける!というサイトが紹介されていたが、これによると、1行読んだだけで
1.あらすじを書かない
2.登場人物の気持ちを考えない
3.正しいテーマを探さない

という鉄則に基づいて書けるということである。3に関しては、短い話ならば難しいとは思うが、それはそれとして、なれない人には難しいと思うし、堅物教師ならば読んでないことだけで激怒するかもしれない。

まあ、「蜘蛛の糸」のように2分で読める話もあるので、それで感想を書けばよいのだが、それで5枚を書くのもつらいだろう。

ということで読書感想文というものを十数年ぶりに書いてみたくなった。

ある程度やる気を出すためにこのような形をとってみた次第だ。

まず、ダメな最悪感想文を見てみよう。
ダメな読書感想文 山椒大夫(PDF 14.6KB)
この手のダメ感想文を書こうとすると、だいたいみんな似たりよったりするのがおもしろい。

そこで、今回はまじめに書きますが、以下の2つの種類に分けます。
1.無難路線。全対応。
サンプル 高瀬舟(PDF 18.3KB)

2.北条的おちゃらけ路線。独創性が許される教師用。(最低限の質は保ちます)
サンプル 山椒大夫(PDF 18.6KB)

とまあ、このサンプルを見て、申し込みをしたい方はフォームから送ってください。

代打読書感想文応募フォーム
名前(HN):
メールアドレス:
希望図書(または著者名):
その他コメントなど(任意):


※適当な期間募集して、終了次第抽選の結を果、当選者にメールにて通達いたします。

ところで、最近はWordとかでプリントしたものを提出してもいいのかな?

ちなみに「こんなものは本人のためにならない」などという道徳的な意見は一切受けつけません。

私がやりたいだけであり、それは本人が考えることですから。

あと国語教師の人は見逃してください。

---
今から所用にて2、3日実家に帰ります。今回は自動更新はいたしません。