2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2004/09/29
イアンソープと聞いて「アイソトープ」を思い出す人は理系の申し子。
イアンソープと聞いて「慰安ソープ」という字を思い浮かべる人はエロスの申し子。北条です。


食べ放題という名の戦場

「食べ放題に行こうぜ」というお誘いが友人からありまして、思い出すことがありました。

数年前に行った食べ放題は「お好み焼き」でした。友人3人で行ったのです。

1人4枚分ぐらい食べると、元を取れるという感じだったと思います。

私はお好み焼きに目がなく、こう見えても大食いなのでラッキー♪と思いました。

店内に入り、迷うことなく食べ放題を注文します。

「制限時間は1時間です」

は?

いきなり予定が狂います。15分で1枚です。ノルマが俄然厳しくなりました。

しかも、具を持ってくるまでが遅い! 明らかな牛歩作戦です。

すいません! マヨネーズは?

「マヨネーズは1枚につき50円いただきます」

出たよ、別売り……この4等分したお好み焼きは4枚分でつか? とか嫌味を言ってみる。

1枚目から飛ばしていった方がいいな、と思い、瞬間食いして次のオーダーを……

「全員が食べ終わるまで注文はできません」

注文もできないのに、えらく注文の多い料理店です。

目の前では、ゆっくり食ってる友人がいたので、急かせます。

で、やっと次のオーダーに入る。

でも、具を持ってくるまで目の前の鉄板には何もない。何だこの食べ放題

2枚目からは雰囲気が殺伐とし始める。休憩しようものなら「箸を止めるな!」と怒声。

黙々とお好み焼きを食べることだけに専念灸状態。

隣では女の子が和気藹々とお好み焼きをつまんでいるのだが、こちとら戦場と化している。

やるかやられるかのデスマッチ。なんだこのお好み焼き屋。

どんどん人間性が悪くなってくる我々は、嫌味を連発するようになる。

「わざと火力弱くしてるんじゃねえの?」
「青のりが出にくくなってるぞ」
「具が出てくるのが遅い」
「ソースも別売りか?」
「時計の針、進めてねえか?」

最低の客と化した。

食べ放題は時と場合によっては、人を変えるので用心した方がいい。