2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2005/02/18
もうとっくの昔に話題として終わってはいるが、



間下このみ嬢である。

私が子供のときの子役といえば、間下このみとカケフくんという風に相場が決まっていた。

今のように、歌って踊れる子役とかは少なく、写真集を出すなどもってのほかだった。

逆にヌードは平気で出していたというからある意味不思議な話だ。

そんな彼女も、急成長とともに何か大きくなってしまって

そのままブラウン管から消えてしまったのだ。それが15年の時の流れの中で……



別人にしか見えない

しかも、写真家として修行して、写真家になり、結婚もしていたとは……

別の形で芸の道を選んでいくとは、立派だというしかないでしょ。

まあ、あのままでは芸能界での生存は怪しかったですが

変わってしまった、といえば先日有名になった物語として

「象さんのほうがもっと好きです~」の彼女。

キリンを好きになっておいたほうがよかった例です。

逆に、前田愛さんなどは、小学生の頃から追っかけちょくちょく見かけるので、

あまり大幅に変わっているという印象はない。あのときのままを大人っぽくした感じであり、

二つの写真を渡されても十分にわかるだろう。でも上の2例は絶対に分からない。


と、ここで私はどうしても気になる子役がいることに気が付いた。


「舞ちゃんのひとりでできるもん!」

というとても香しいタイトルでありながら、単なるNHKの料理番組というアレだ。

実は、この番組は舞ちゃんなどという名前の人がやっているわけでなく、次々と

「まい」という名前のキャラを演じているに過ぎなかった。

で、初代が上の写真にもある「平田実音(みお)」嬢である。

ていうか、この子以外は、たいして話題にも上らなかった。

よくあるパターンを想像すると、この子が「さんにんでもできるもん!」とかいって

「愛伊里みお」とかいう名前に変えてAVとかに出演しているのではないかということだ。

しかし、彼女はそんな人ではなっかった……





ミーオ


例に漏れず、別人になっていました……(参考:B83W60H88)

有言実行なようで、ひとり(ソロ)ででき(あがっ)ているようです。