2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2005/05/03
ニュースの時間です。

国際サッカー連盟(FIFA)は試合の安全確保のために北朝鮮に厳罰を下した。

3月30日に平壌で行われたイラン戦で北朝鮮の観客が暴徒化した騒動により、

6月8日に行われる予定だった北朝鮮―日本戦を観客なしで行うという処分を決めた。

放映に関しては、音声をカットした状態で行われ、北朝鮮に対して厳罰を科している。

ただし、日本代表のヅーコ監督は、

「それだけでは不十分。試合の様子を伝えられる範囲で選手は映さなくてよい」と発言した。

FIFAはこれを受け入れ、開発された初期プランは、


工ポック社のサッカーゲームを使用するという方法であったが、

選手のコマが11名に満たないということで、放映はすべてCGで行われることに変更となった。

実は、このCGシステムはすでにテスト段階に入っており、順調に開発がすすんでいるという。

今回、委員会内で紹介されたシステムを見て、会場内はどよめきに包まれていた。






▲最先端サッカーCGシステム 試験運用の様子
(c)TECMO