2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2005/05/15
帰ってきたちょっとヨロシク!

その昔、少年サンデーで「ちょっとヨロシク!」という漫画が連載されていました。



吉田聡という漫画家にピンと来ない人も「湘南爆走族」という言葉くらい聴いたことがあると思います。

不良ギャグ漫画の筆頭ともいえる存在なのです。

「ちょっとヨロシク!」は実はスポーツ漫画……風のギャグ漫画です。

他のスポーツ漫画ではありえないような部活を転々として活動する一段のお話。

ラグビー、水球、ウェイトリフティング、体操、ゲートボール、カーリング……

アルバイト部、そして演劇部、と最後はスポーツじゃねえだろという感じですが、

そうなったいきさつはここでは省略するとして、サンデーなのでもちろん男女の恋愛

も織り交ぜてあります。例によって最後はあいまいですが。

そんな独特の趣向で人気を集めていた漫画で私も好きでした……

そして20年の沈黙を破り、ちょっとヨロシク!がヤングサンデーで帰ってきた!!!

「もっとヨロシク!」

名作「ちょっとヨロシク!」の愉快な面々が大学生になって帰ってきた!

ちょっとヨロシク!を読んでいた世代はもう頭が禿げ上がり始めて、サービス残業に明け暮れているというのに、

さすがは漫画の世界、1年しか経っていないようです。



相変わらずギャグスポーツ漫画で行くのでしょうか。

サブメインの苺谷の活躍が報じられています。



ちょっとヨロシクで忘れてはいけないキャラがこの花田くん。

非力でありながらなぜか部員に借り出され、いじめられキャラを演じる彼。

名セリフは「なんてついてないんだ」。当時の流行語にはなりませんでした。

さあ、彼はどのように変わったでしょうか?



予想通り変わっていませんでした……

人気フレーズを残すあたりは続編の定番とも言えるでしょう。

さて、ちょっとヨロシク!と言えば羽田礁太郎という主人公と苺谷薫の意地合戦の漫画です。

さきほどから苺谷はクローズアップされていますが、羽田はどこにいったのでしょうか?







ニートになっていました……

学生なので、ニートというより単なるひきこもりだとは思いますが、作中では



はっきりニートと書いています。私に対する挑戦でしょうか (^o^)

「大学生になって帰ってきた!」と銘打った第1話から休学です。とんだ詐欺もあったもんです。

その後は、グダグダと羽田堕落説の中、もう終わったとでも言いたげに苺谷が荒れています。

またこうなったいきさつはどこにも語られません。燃え尽き症候群かなんかでしょうか。

また、これから語られていくのでしょうか。

まあ、最後はよくわからんけどニートを克服した羽田が暴れて終わり。



ちょっとオチとしては弱いかなぁという気もして、昔のパンチ力がないようにも思う。

これからの連載に期待したいと思う。次号からなんかスポーツが始まるに違いない。

スケートか? 剣道か? 空手か? 射撃か? シンクロか? 野球か?……






読み切りだった……_| ̄|○

 続くことを切に願う次第です……
(c)吉田聡/小学館