<  2005年6月 >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2005/06/03
今日、電車の中でおっさんが読んでいる新聞を覗き見したところ、

「コナンとコナンが結婚していた!」

と正直理解不能な言葉が目に入ってきた。

漫画のネタバレかと思いきや、名探偵コナンの原作者とコナンの声優が結婚していたとのことだ。

コナン役の高山みなみ嬢と言えば、ヒロインからサブ、少年と幅広く活躍する声優。

コナンやキキ(魔女の宅急便)、乱太郎がクローズアップされるが

やはり私の中では、高橋留美子が外せないので、なびきや真魚(人魚シリーズ)になる。

あの特徴あるトーンの低い声が素敵だ。

まあ、それはそれとしてアニメを通して結婚されたのだから業界結婚ということだ。

芸能人と異なり、通常声しか出さない声優たちの裏の関係というのは実に興味深いものがある。

探偵ファイルなどで取り上げられたこともあることなのだが、少しまとめてみたい。


有名なのが、ガンダムにおける図式だ。

話の中では、



こういった関係で知られる。

この裏ではどうなっているかというと……



アムロはジオン軍が好きなのですか?

敵の幹部と結婚したと思いきや、スパイに乗り換える節操のなさがナイスです。

「ミハルがいなくなった?」
「密航者だったんです」
お前が言うな!


- - - - - -

 

しずかちゃんとワカメちゃんが同じ人だったのはわりと有名です。


旦那さんは……


 ラオウ

これではのび太くんもかないません。

または、

 則巻センベエ

これでものび太くんはかないません。

- - - - - -

マイナーどころだが、
 燃えるお兄さん

奥さんは……


 カツオ(現在の)

と、離婚して……

 石崎くん(第3期の)

坊主好き?

- - - - - -

ここでクイズです!



ここに奇面組の主要メンバーがいますが、実際にゴールインしたカップルは?






正解は、千絵ちゃんと雲童塊くんでした。(※離婚しました)

ちなみに切出翔くんと一堂霧ちゃんというラインもあります。

- - - - - -

その切出翔くんの真の姿?は上杉和也(事故死)なのですが、

 ブルマ

と離婚して






チチと再婚したことになります。


「事実は小説よりも奇なり」とはよくいったもんですね(違)。
2005/06/08
先日の声優同士の結婚話だが、芸能人のように離婚率が多いというのが特徴だ。

これはどうゆう理由に基づいているんだろうか。

もし、私生活に役柄が出てしまっていたとしたら……

【アムロ&キシリア夫妻の場合】

「一方的すぎます! 僕の言い分ぐらい聞いてくれたって!」
「意外とお主も甘いようで」
「殴ったね! 親父にもぶたれたことないのに!」
「鬼ころしの罪はたとえ夫といえども免れることはできない。
 意義のある者はこの離婚届提出後、法廷に申したてい」


【シャア&マチルダ夫妻の場合】

(浮気がばれて……)
「みとめたくないものだな、若さゆえの過ちというものを」
「そのまま地面に叩きつけろ!」


【燃えるお兄さん・国宝ケンイチ&カツオ夫妻の場合】

「そりゃないよ、兄さん!」
2005/06/20
父の日……

「パパ、いつもありがとう。私からのプレゼントよ」

「な、奈麻子……父さんうれしいよ」

「開けてみてよ」

ガサッゴソ

「こ、これは!?」

「ね、素敵なネクタイでしょ」

「し、しかし父さん……」

「ううん、定年なんて言わないで! まだまだ働いて、奈麻子に金をあげて欲しいの。私、働く気なんてないから、遊んで暮らしたいの、わかる! 退職金だけじゃ足りないっていってるの。服だって毎日のように買うわけだし、この前買ってもらった車ももう飽きちゃったし。この前、母の日にエプロン買ってあげたのは、駅前のオリジソ弁当で働いてもらうためよ。当たり前でしょ! だからパパにも早く働いてもらわなきゃ私が生活できなくなるってこと。早くB-ingでも買ってきてね」

「な…奈麻子……」

「あっ、ネクタイ4200円だからね。手数料込みで5000円でいいよ」


2005/06/23
「ミュージカルバトン」とか「ゲームバトン」とかいう催しがはやっているようです。ねずみ講的に質問に答えさせていくそうで、5人中2~3人答えていくだけでも、数日で何十万人という人に回るらしいですよ。
で、数日眺めていたけど、一切回ってくる気配はありませんでした。北条です。


最近、かなり暑くなってきましたよね。

だからまだ6月半ばだというのに扇風機を出しました。



実はこの扇風機には思い出があるんですよ。

 ・

 ・

 ・

み~ん み~ん みんみんみん~~~ しょわしょわしょわしょわ

去年の7月半ばの話。

職場を辞めて、ニート生活に突入したときでした。

鬼のような引継ぎを終えて、孤独社会に放り出された私は、初めて夏の暑さを感じました。

「あぁ、世の中はこんなに暑かったのか……」

昼近くに暑さのために目覚めた私は、近所の電気屋に扇風機を求めにいきました。

世間のサラリーマンが働いている時間に、電気屋で買い物……こんなに楽しいことはありません。

買ったばかりの扇風機にあたりながら昼間っからゴロゴロして本とか読むんです。

懐かしい思い出の扇風機です……

あの時読んでたのは……


「雇用保険受給手続きのしおり~○○ハローワーク~」





  扇風機をしまいました