<  2005年8月 >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2005/08/01
最近の戦隊物はどこか無理やりな感があるのは気のせいだろうか。

レンジャーといえば、始祖はやはり「ゴレンジャー」だろう。

アオレンジャー、アカレンジャー、キレンジャー……と実にシンプルだ。

ミドレンジャーというネーミングは子供ながらに違和感があった。

むしろ「茶色」のレンジャーで「チャレンj(略


まぁそれはともかく最近のレンジャーはどうなっているか。

アバレンジャー
 実際、暴れるのか暴れないのかがよくわからないネーミングだ。

デカレンジャー
 ネーミングセンスのかけらもない名前。ほんとにでかいのかどうかも怪しい。
 キャラクタを見ても、デカレッドとかデカピンクとか……
 もしかしたら体の一部分がデカいのかとか思ってたら、どうやら「刑事レンジャー」ということらしい。刑事はいつからそんな仕事をするようになったのか。
 ネーミングセンスの悪さはここだけにとどまらず、敵の名前が「アリエナイザー」という、そうゆうお前が一番ありえないだろと思われるどこかの洗剤みたいな名前だったりするのが妙に笑える。

チチレンジャー
 爆乳戦隊チチレンジャー。たぶん戦隊物でここまで笑えるものはないだろうし、AVでここまで抜けないものはないと思う。

ユズレンジャー
 特命戦隊ユズレンジャー。いろいろ検索してたら見つけただけ。何がどう譲れないのかはまったく不明。たぶん戦隊とか関係ないと思う。

マジレンジャー
 魔法戦隊マジレンジャー。何がどうマジなのかはさっぱりわからないのですが、酔った勢いでネーミングしたとしか思えないところが、非常にナイスです。
 なにやら兄弟姉妹が団結して戦うらしいです。

そして、さらに気になるネーミングとして、こんなキャラが!!!

 マジブルー   _| ̄|○

マジピンク「マジブルー! 出動して!」
マジブルー「どうせ戦っても地球は滅びるわよ」
マジイエロー「何言ってんだ! お前がいなけりゃやられちゃうゾ」
マジブルー「私なんかどうせ役に立たないわよ」
「ボカッ!!」
マジブルー「殴ったね! 親父にもぶたれたことないのにぃ」
マジレッド「あぁ殴ってなぜ悪い」
マジブルー「ウツダ シノウ」



魔法戦隊 マジレンジャー  ~完~

今まで応援ありがとう。次回作「防虫戦隊 ナフタレンジャー」をお楽しみに!
2005/08/06
8月6日は「ミートパイ記念日」だね☆ しかしながら、私は例によって一日中クーラーの部屋で半裸でうたたね三昧でしたよ☆
そんな「ニートパイ記念日」、北条です。


寝っころがりながらテレビを見ていたら、サザエさんが始まっていた。

サザエさんというと「休日の終わり」の代名詞にも使われる番組だ。

サザエさんシンドロームという言葉にもあるように、休日が終わり明日から学校や

会社があるということを知らしめるため憂鬱になるのだ。

かつては「笑点シンドローム」と言うのもあったが、決して「ウルルン症候群」とか「堂本兄弟シンドローム」という言葉は存在しない。

現実問題に直面させるために、「小学5年理科」とか「高校物理」、「ビジネスマナーの基本」

「いやな上司殺人事件」などの番組を日曜ゴールデンタイムで流したらどうだろうか。

ちなみに私は日曜の夜中にやっていた「湯けむり美女紀行症候群」でした。


まあ、それはそれとして、ぼーっとサザエさんを見ていて思い出したのが、

ほほえ味屋さんの日曜日の夜は憂鬱・・・の記事です。

ちょっとこの記事を表現してみよう。



いや、それよりもはっきりと現実を分からせた方がいいんじゃないだろうか。

なんにせよ明日から学校や会社が始まるんだから。「逃げちゃだめだ! 逃げちゃだめだ!」

ということでこんなテロップを……



大きなお世話だ
2005/08/12
間違いだらけの愛知万博

世の中には女子大生とデートをし、髪を切っている不逞の輩がいるかと思えば、

一人で愛知万博なぞに行ってる不運な輩だっているわけです。なんなんだこの差は。


まあそんなわけで行ってきた訳なんですが、万博っていうのはディズニーランドのようなものとは違っていて

世界中の各国が自国の伝統や文化を披露して、あわよくば物を売りつけようというものである。

言わばでっかい文化祭みたいなものである(スケールが小さい)。

それなのに日本の企業が格差を見せ付けようとがんばったせいで、連日にぎわっています。

だから、9時開門なので、8時くらいから並ぼうとするわけです。



 門に向かう集団(朝7時半)

一瞬、こいつらはカネミ食品のエキストラじゃねえの? と思いましたよ。

もう想像以上の人です。お前ら10円やるからおうちでHPの更新でもしてなさい

と思ったけど、15万人ぐらいいそうなのでやめておきました。

朝一で混んでそうなところにいったら



もうすでに3時間待ちですよ。。。やってらんない……


ん?


 300!?

あまりにも現実離れしていたので素で「300分=3時間」だと思い込んでました。

いやいやこの日本一暑い名古屋の地で5時間待ちは拷問ですよ。

関係者も熱射病とか気を使っているらしく、水を配っていたり、日陰を作っていたり、

 ハチがいると脅したり

するなどの工夫が見られました。

まあ人気のところほど、家族や恋人がたくさん並んでいて、そんなところで一人で

5時間も待っていたら、さみしさのあまり死んでしまいそうなので、やめました。

やはり万博といったら世界の国々の文化に触れて、視野を広げるのが目的です。

サウジアラビアの国事情やカンボジアのアンコールワットについて調べたり、

エロマンガ島にはエロマンガが何冊落ちているのか? などの知識を得るんです。



こんな感じでその国の雰囲気を表す建物構造をしており、その国の民芸品や料理の販売

ビデオ放映などをしていたりするんです。現地スタッフもいるし、日本人アルバイトもまぎれている。

タイ料理作ってたのは、どうみてもそこらへんにいるヤンキーにーちゃんだった。

そんなわけで世界中の国が、国のことを紹介しtちょっと待て スリランカ!!


ほかの国が国事情を紹介しているさなか、かつてこんな強力な紹介法があっただろうか……


 普通にカレーレストラン

私の国カレーだけで充分アルヨ、とでも言いたげに、ひたすらカレーを売っています。

え~っと……スリランカの国事情は? そんなマイペースさが素敵すぎます。

しかもレストランの外では

 マンゴーソフトクリーム

まったくスリランカと関係ねぇ!!!

「氷」とか意味分からない垂れ幕がかかって「スジャータ」って書いてある時点で、

スリランカ人がソフトクリーム作っていてなんの意味があるのかさっぱりわかりません。

でも暑いのでけっこう売れているようでした。



こちらはインド料理屋。

 遠足の子供も多いのに、なんてこった……


で、世界中を飛び回っていたんですが、そんなパビリオンならすぐに入れるのでは?

と思うかもしれませんが、甘いです。

列のないところなんて「八丁味噌ソフトクリーム」売り場ぐらいのもんです。

どこも列、列、列。人、人、人……

ほらぁ、ここなんてすごい人……ってあれ? なんでみんな出口にいるの?

っと、どうやら有名人が来ているらしいです。

これだから名古屋の田舎物はいかんのですよ。
有名人ぐらいでいちいち驚いていられるなんて幸せな人たちです。
東京ならそこらじゅうに歩いていたりしますからね。あぁテレビ局も来てるよ。
もういいから君たちそこをあけてくれないか、僕は有名人なんt


ダァーーーー!!!!

P.S. 忘れてましたが万博もけっこう楽しいです
2005/08/15
朝の顔って言ったらやっぱりこの人ですよね。

「おぐらさ~ん!」



「は~い、小倉智昭です。またもや世間をにぎわすいやな事件が……

「小倉さん、違う、違う。今日は日曜日だよ」

「え? 日曜日? これ、特ダネじゃないの?」

「何ぼけちゃってるのさ。日曜日の朝っていったら」



日記全文を表示する
2005/08/21
 ジャーン ジャーン ジャーン

魔法使いマールの冒険 様合同企画

「お互いのサイトのネタをいじろう」


というとってつけた名前の企画でようはなんも考えていないんですが、

私がマールさんのネタをなんか使って、アレンジネタを披露しなければならないという

簡単に説明すれば「パクれ!」 ということのようです。

ところがマールさんといえば少女漫画レビューの大御所でありまして、私は少女漫画をほとんど読まない上に

唯一読んだ作品が加藤鷹であるというどーしよーもない状況なので、

お互い意識の通じるネタである「三国志」を使ってみようと思います。

100人に1人がわかればいいです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

お願い…  一日でいいから、






 無理


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -















羊相手に本気?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


















- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


















- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -











父上?
(c)横山光輝/潮出版社
(c)高橋留美子/小学館
(c)鳥山明/集英社
(c)宮下あきら/集英社
(c)えんどコイチ/集英社
(c)石垣ゆうき/講談社
私信>パクリなのかなんなのか分からなくなりました。すいません
2005/08/24
「お互いのサイトのネタをいじろう」(補足編)

前回の企画なんだが、どうやら趣旨をわかっていなかったらしく適当すぎたので、

もう1回勝手に補足させてもらいます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

元ネタ、「ブライトが言うなシリーズ」USO8ooの章





















やっぱり趣旨がわかっていません
2005/08/26
TUN-DERE


プレイボーイを買ってきた。


目的を果たした後にパラパラめくっていたらとんでもない記事が飛び込んできた。


キミも“ツンデレ系”美女にハマってみないか!?

いきなりツンデレ特集をしています。ネット上で話題の言葉って書いてあります。

ツンデレというのは、「ふだんはツンとしているが、ふたりになると急にしおらしくなってデレっとくっつきたがるタイプの娘」だそうです。

普段は泉ピン子みたいで、ふたりっきりになるとさとう玉緒みたいになるという感じでしょうか。たぶん違うけど。

発祥はアニメかゲームであり、まだ一般には浸透していないはずで、

プレイボーイはいつからこんな雑誌になったのかしらないけど、

今年の流行語大賞が「ツンデレ」になる可能性が高くなってきました。

ツンデレが「最新の萌え」になると断言しており、記事を書いたのはヤマカムさんじゃねえの? って疑ってしまったくらいです。

ツンデレの例として「保科智子」だの「高瀬七瀬」だのと当たり前のように紹介してあり


こんなエロゲーの写真まで紹介してあったりして一般読者置いてけぼりの感がありありです。

もっと一般人でもわかるように、大空寺あゆとか鮎川まどかとか紹介すればいいと思います。

ところで上の画像をみてもわかるように“ツン”は“Tun”デレは“Dere”と書くらしい。

確かに「Tsun」よりも「Tun」の方が冷たさが出ますね。チュンって読みそうだけど。


で、今回の記事はもちろんゲームキャラの紹介ではなく、リアルでもツンデレがよいという趣旨だ。

ってそんなのいるのかというとよくわからんのですが、少なくとも私の周りは

普段ツンとしているのに、二人になるとボロクソに罵る、いわゆる「ツンボロ」しかいません。Dereってなんですか?

まぁそんな悪例は放っておいて、パターンとしてあげられるのは、

「口の悪いタイプ」「嫌われているタイプ」「一人にしておいてタイプ」「女王様タイプ」

などに分けられるそうだ。ようするに「Tun」の定義にいろいろある。

しかし、こうゆう女性も落とすテクニックがあるというのがプレイボーイの考え。

1.とびこむ → 相手の本心をズバっと言い当てる。

2.つきはなす → 近づいておきながらふっと突き放すと相手も人間なので「嫌われたくない精神」が働いて不安になる。

3.みつめる → 意外と熱い視線などに弱い

ということだそうだ。私に言わせればこれは電車男なみの妄想なんじゃねえ?

と思ってしまうのだが、ツンデレ女性を攻略したい人はこれを実験してみよう。

ツンデレ時代はゲームだけでなく、着実にリアル界に浸透しつつあるのだ。











P.S.プレイボーイを買った目的は「吉本多香美嬢」のヌードが出てたからです。
   
(c)集英社
2005/08/31
山花先生の新連載で大好評の「オレンジ屋根の小さな家」は、早くも最終回が近づいているようです(どんどん巻末へ)。北条です。


8月も終わりです。私にとっては何もかわりゃしないのですが、学生はそうもいきません。

夏休みが終わると同時に夏休みの宿題を提出しなければならないからです。

今日あたりは必死になって宿題を片付けるか友達のを写していることでしょう。

私はまったくあせりませんでしたし、31日に宿題なんてしませんでしたよ。

学校が始まって先生がキレてからやってましたから。


夏休みの友  友達のを写すか適当書いて○つけとけばOK。

自由研究  「衆議院選挙について研究しました」といって今日の新聞ベタ張り

習字  Wordで「勘亭流」で印刷して、その上をペン筆でなぞる

朝顔観察日記 「1日目」水をやらなかったら枯れた。

とまあ、宿題なんてがんばれば1日で片付くものである。

問題は読書感想文である。

今年も自らも書こうと思っていたのだが、すっかり忘れており、急いで書いたものが

あまりにもおもしろくないので今年は見送らせてもらいます。

来年は書きます。みんな写せば終わるように。

その代わり秘策を教えることにしよう。

一行感想文というサイトもあったが、あのように話と関係ないことを書く。

たとえば、田山花袋の『蒲団』を読んだふりをして、ふとんの魅力についてだけ語るとか。実際には好きな女の布団の匂いを嗅いだという変な話だけど。

山本有三の『女の一生』とかは、石川さゆりあたりの歌を写しておけばいいんじゃないだろうか。読んだことないけど。

まぁそんな感じで感想じゃなくて、自分の体験談とかにすりかえる。

「感想文じゃない」といわれてもやり直しになることはないと思う。

しかし国語教師っていうのは本当にすべての文学作品を知っているのだろうか。

「シャドウゲートの感想文」とか出しても「へぇ、そんな本あったっけ」って思うかもしれない。

感想文ではすぐに死んでしまっているけど、冒険物かな? とか思うだけで特に気にしないかもしれない。

「えっ! 先生、シャドウゲート読んだことないの!」って煽れば
「ば、ばか言うな! 先生が知らないはずないだろ、ほらアレだあの人が書いた」
「ケムコだよ」
「そ、そう思い出したケムコ・スチュアートだ」とか意味不明なことを言ってくれるかもしれない。

そもそも文学作品という制約がなくなれば、もうしっちゃかめっちゃかだ。

その辺の映画の作品読んだり、推理小説読んだりしてればいいんだから。

そして今年必ずいると思われるのが電車男読んで感想書くやつ。

どうせ書くならスレ形式で書いて欲しいものである。

そこまでやったら先生も「一本とられた!」ってきっと親呼び出すから。