2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2005/10/24
発表会など緊張する場面では「みんなジャガイモだと思え」などと言ったりします。

確かこれは聖徳太子かなんかの言葉だったとは思いますが、ありがたい教えです。

これを応用してですね、AVやエロ本を買うときは、店員をジャガイモだと思え。

そうすればほら、恥ずかしかったAVも借りられるでしょ☆

まぁそんなこと構わず借りてるんですけどね。

しかしながらどうにも困ったことがあります。

某ツ○ヤでは、借りるときにレジのところに商品名が出るんです。

あのシステムはどうかと思う。プライバシーの侵害である。出なくてもいいだろ。

確認なら目の前で作業してるんだから見えるわけで、いちいちレジなんて見ない。

これでは後ろの人に「いやだ、『女教師恥辱大全』なんて借りてるわ」って思われてしまうじゃないですか。

とか思ってたんですが、意外にツタ○も良心的なところがあることに気が付きました。

商品名が全部大文字で表示されるんです。

だから例として「セイギャクインランガクエン」を借りた場合、

レジには「セイギヤクインランガク」(文字数オーバー)と表示され、後ろの人が見ても

ああ、この人は「正義役員蘭学」っていうビデオを借りてるんだ

ってことになり、ハレンチビデオとはつゆとも思わないわけです。

まぁ役員の蘭学という意味不明ビデオをまじまじと見る人のほうがよっぽど怪しいとは思いますが、

それはそれとして、このシステムのおかげで私たちは胸を張って借りられるんですよ。



「商品はこちらで間違いないですか?」(高く掲げながら)

台無し