2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2005/12/04
せっかく調べていただきましたが、当サイトでは正しい方法を伝授しておりません。(これも知りません)。北条です。


女子大生は危険な薫り(かほり)







食事中の方は決して読まないでください





Illustrate by みさくらなんこつ







15歳未満の方も決して読まないでください





Sound by すぎやまこういち







携帯電話はマナーモードにしてお読みください





Produced by ケムコ



この地に移り住んで2年が経とうとしています。

この辺りは不動産屋も少なく物件自体が少ないので引越しには苦労した覚えがあります。

あっという間に選択肢は2つに絞られ、あっさり決めたものでした。

別にこの地に特別な思い入れはなく、なぜこんなところに住むことにしたのかは

まったくもって記憶になく「悪魔が来た」としかいいようがありません。

人生1回目の引越しは寮生活だったので、何も苦労はありませんでした。

2回目の引越しで東京に住むことになったとき、それはそれはたいへんでした。

住むところも就職先も決まらぬままに東京を歩き回り、まだネットカフェも充実してないので

安いシティホテルを転々としていました。資金源は週末の競馬でした。

まあ、それはともかくとして、値段と場所を目安に、家を探しておりました。


家を見せてもらうときって、不動産屋さんと一緒に見て回るじゃないですか。

「ここは、昨日まで女子大生が住んでいたところです。今からクリーニンg……あっ!」

女子大生が住んでいたという言葉を聴いた瞬間に、部屋の中に猛然とダッシュしていました。

もう引っ越したにも関わらず、頭の中では同棲生活が始まっていました。

1Kと言えども、充分な広さで収納もついています。

これは女子大生の残り香が消え去らぬうちに、契約せねばなりません。

「バスはトイレと共同なんですが、実はまd……あっ!」

バスのことを忘れておりました。昨日まで風呂に入っていた女子大生の

かぐわしい陰なる毛が落ちているに違いありません。扉を開けると神々しい光とともに……


便器にこびりついたう○こと流れきってないうん○が目の前に広がりました。


「す、すいません……まだクリーニングが。でも、このとおりバスもゆったりと」

「いえ、もういいです」

臭いが立ち込めるトイレで説明されても、気分がよいものではありません。

クリーニング前だというのはよくわかりますが、この惨状を見てしまったからには

ここで契約をしようという気にはなれませんでした。女子大生という甘い響きも地獄に突き落とされた感じです。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がありますが、トイレはきれいにしたほうがいいですよ。

業者は掃除もせずに放置してますから。まあ、顔や名前を知られるわけじゃないですが。

私の知り合いの女性も“たまたまトイレのタンクが故障した日”に男友達が訪ねてきて

プカプカ浮いている状態を見られたとかで嘆いてました(バケツで流せよと思いましたが)。


部屋掃除よりトイレ掃除が、人を招くときには重要です。

特に女性の方、お願いいたします。けっこうトラウマになりますから。