2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2006/01/19
新企画『信長の野望 大名一人クリア』(第1回)
 (c)光栄


うぉぉぉぉぉぉぉぉりゃぁぁぁぁ~~~!!!





長い間ありがとうございました。次回からは「客の回転が悪い回転寿司屋」の紹介をお送りいたします。北条です。


教員という職種は、公務員であれば比較的安定した収入があり、長期休暇もとりやすいです。

役所系の一般公務員に対して残業代が出ないとか、部活等で忙しかったり、子供の問題など厄介ごとが多いのも事実です。

関係ないけど、教師が主人公のエロゲーってみないような気がするけど、それはやはり倫理的な問題からなんでしょうか。


「保健室に誘い込んであなたは何人の生徒とやれるか!」

教師あそこがびんびん物語


などというゲームを作って万が一売れ行きがよかったら、

次の年の教員採用試験志願者は倍増間違いナシです。

それはそれとして、一度なってしまえばそうそう解職させられることもありません。

しかしながら、生徒にわいせつな行為をしたりする人間としてうらやましい最低な輩がいたり、

実際は、教授能力がなく、とても生徒に教えられるレベルではなかったりといろいろと問題が出てきています。

教員免許は永久なものか?

ということがクローズアップされてくるようになりました。

確かに運良く試験は受かったけど、その後問題がないのか?ということについて常に確認した方がよいと思います。


そこで私が考えたのが有効期限のある教員免許と減点方式

まず、免許は取得してから3年~5年で切れます。

ですからその時の誕生月に各地にある「教員免許試験場」にいって免許の更新手続きを行わなければなりません。

主に視力検査とか写真撮影とかが行われて、新しい免許証が発行されます。

ちなみに免許証は、無事故が続くと、グリーンカード、ゴールドカードという感じに色が変わっていきます。

無事故といいましたが、事故を起こすと、大きさに応じて減点されてしまいます。

たとえば、

遅刻1点
通知表紛失1点
居眠り1点
授業無視2点
酒気帯び授業4点
スピード違反1点
注射違反(覚せい剤)6点
同僚へのセクハラ2点
生徒へのセクハラ2点
保健室でHする3点
音楽室でHする4点
弓道場でHする5点
旧校舎でHする6点
プールでHする7点
体育倉庫でHする8点
教室でHする9点
視聴覚室で
AV鑑賞
10点
骨格標本とHする15点


というような感じで、5点で免停、10点で免許取り消しとなる仕組みだ。

ともかく減点をしてしまうと、免許の更新のときに手続きが面倒になる。

減点した人は、まとめて1教室に集められてビデオ鑑賞の時間となる。

5点未満の人はそこで、「高校教師」を鑑賞しなければならない。

5点以上の人は、

 女子校生強制わいせつ

を見せられる。

ここで万が一、興奮でもしようものなら、あなたは永久に免許を剥奪される。

これが新方式「教員免許更新システム」である。

さあ、あなたはこんな禁欲生活に耐えられるだろうか!  あれ?こんな話の流れだっけ?