<  2006年2月 >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
2006/02/01
バカとはさみは高いところに登りたがるなんていいますが、いや、

はさみが高いところに登ったら実に危ないですね。

そうではなくて、「バカは風邪引かない」なんて言葉を昔からよくいいます。

たぶん国土交通省かなんかが調べたデータだったと思うので、信頼できるんですが、

あれは「ガリ勉=病弱」みたいな偏見を逆手にとったのでしょうか。

まあ、そんなわけで私もこたつで体半分はみ出しながら寝ていたら

見事に風邪を引いたわけでありますので、統計によると北条さんは非常に賢いというわけです。

熱を出すのは1年に1回くらいなんですが、その1回が先日だったんですね。

私の場合、1回熱を出すと、タチが悪く、激しい関節痛が襲ってきます。

熱というよりむしろこの関節痛で動けなくなります。ものっそいだるい。

というわけで、バイトを休んでしまったのですが、仕事を病気で休むのは実は初めてです。

その昔、突然襲い掛かった難病により、「はなまるマーケット」を見ながら

「風邪のため休みます」といって休んだことはあります。

医学的に解明するのがなかなか難しい病気なのですが、学名で「仮病」といいます。


それはそれとして、今回はマジ病気なので、休むのですがどうにもこうにもよくなりそうにないので、

もしかしたらインフルエンザかも、という疑惑が襲い掛かり、病院に行くことにしました。

鳥インフルエンザならまだしも、新型のインフルエンザにでもかかっていたら大変です。

しかし、まともに動けない体ですので、病院に行くまでがそうとう辛いです。

そもそも内科がどこにあるのかも知りません。

最後に病院にいったのは実に高校2年のときなので、2年前くらいでしょうか。

あのとき、待合室で3時間待たされたため、医者が嫌いになりました。

いつも通っている道を適当に歩いていけば、何かしら医院があるだろうと、

まったく何を考えているのか、何も考えていないんですが、フラフラと外に飛び出しました。

そのまま車にでもはねられれば、風邪は治るんじゃないかと思うんですが、

それはあまりいい手段ではないので、もう少しがんばってあっ


小児科

ここでいいや。


赤ちゃんの予防接種とかなんとかいろんな張り紙があるんですが、もう歩くのもいやなので門を叩きました。

受付のお姉ちゃん及び患者さんがみんな驚いていました。

待合室みんなお母さんと子供です

お母さんが子供を隠すようにしていたのは印象的でしたね。オレはなまはげか!


「子供しか診療できませんか?」

と問う私に受付も戸惑いながら、

「風邪とかの簡単なものでしたら……」

「風邪とかの簡単なものです」


簡単かどうかを自分で判断できているのなら医者はいらないと思うんですが、

もし実は重い病気(性病とか)とかだったら取り返しがつかないんですが、

まあ、動物さんたちが楽しそうに壁にかかれたこの小児科クリニックで腹をくくりました。

診察室の椅子が妙に低かったのですが、特に診察自体に問題はなかったようです。

薬も胃薬をいっぱい出してくれましたし何をしろと?


あとはよく寝るだけで治るとおもトゥルルルルルル

「いやー病気のところ悪いんだけどさ」

バイト先からの電話です。

「いや体調悪いんだからやめてください」

「昨日頼んだ仕事のやつね……」

聞いてねえ!

とまあ、こんな世知辛い世の中なんですよ。誰も人のしんぱトゥルルルルルル

「いやー寝てるところ悪いんだけどさ」

お前のせいで寝れねえよ!
2006/02/06
そろそろ年賀状を出そうと思っています。北条です。


【ACT.1】機嫌の悪いみのもんた

(思いっきり生電話)
電話の声 「最近、彼が冷たいんですー」
みのもんた「死んでんじゃねえの?」


【ACT.2】奥様は小学4年生

最近思うんですが、「奥様は~」というタイトルのものが多くないですか?

・奥さまは魔女
・奥さまは魔法少女
・おくさまは女子高生

少女となっている時点で、奥様はねえだろ、とか思うんですが、それはおいておいて

これは「奥様」という三人称になっていなければならないのでしょうか。

奥様は魔法少女では少女っぽくないので、

・女房は魔法少女
 あ~、もっと年寄り臭くなってしまった……

・配偶者は女子高生
 単なる犯罪っぽいタイトルですね。

・妻は魔女
 ブログのタイトルっぽいですね。

・奥さんは太いのが好き
 話がそれました

そう考えるとこの「奥様は」という表現はうまく雰囲気を伝えているのだといえます。

実際、ブログのタイトルに「奥様は~人」のように、国際結婚をした人のブログなんかがたくさんあり、

そのうち世界各国のブログができるのだと思います。

・奥様はカナダ人
・奥様はナイジェリア人
・奥様はアラブ人
・奥様は南極人
・奥様は野蛮人
・奥様は北京原人
・奥様は偉人
・奥様は愛人
・奥様は鉄人
・奥様は異邦人
・奥様は宗教法人
・奥様は軍人
・奥様は就職浪人
・奥様は八方美人
・奥様は別人

どーでもよくなってきました
2006/02/09
先日、AVコーナーで「ぶる制やつら」というビデオを見つけて思わず吹いた。北条です。


先日、パソコンを使っていたら動作がおかしくなったかと思ったら、

急にこんなダイアログが出てきました。



シャットダウンまでのカウントダウン開始!

見てのとおり、もう消すこともできないダイアログ。黙って殺されるのを見守るしかない。

こんなダイアログ初めて見ました。

これはさながら「死の宣告」を髣髴させます。

ファイナルファンタジーよりしのせんこく
(c)スクエア・エニックス

まさに死へのカウントダウンの前に、無抵抗のまま殺されるわけですよ。


「くっ! オレはビルゲイツの前ではなんて無力なんだ」
「亜奈流兄さん! どうして助けてくれないの!」
「ふはははは、これではさすがのお前も手を出せまい」
「卑怯だぞ! 奈麻子からその汚い手を放せ!」
「お兄ちゃん! あたし死にたくない!」
「ぐああああああああ!」
「よし、処刑の時間だ。秒読み開始 10・9・8」
「いやあああぁぁぁぁぁぁ!」
「ちくしょーーーーーー!!!!!」
「7・6・5」
「お兄ちゃん……あたし、生まれ変わってもお兄ちゃんの妹でいいかな」
「ああ、そうだよ。いつまで経ってもお前の兄ちゃんだよ!」
「4・3・2」
「さよなら……」
「奈麻子ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」
「1」
「おにいちゃぁぁぁぁぁん!」
「0」
(ブツン)


なんて萌えるダイアログなんだ!
2006/02/14
いつの間にかオリンピックが始まっていたわけですよ。

ていうか1ヶ月ぐらい前に終わっていたのかと思っていたよ。

まずトリノがどこにあるのか、というところから話を始めなければなりません。

冬のスポーツなので、南国ではできるわけないのです。

そしてどの国にあるのか私は知らんのです。

もしかしたらたいへんな勘違いをしていて「山形県鳥野市」で行われているのかもしれません。

で、人の新聞なんかを覗き込むと「原田無念!」とか書いてあったりして、きっとインサイダー取引でもしてしまったのだとは思いますが、

あまりよいニュースははいってきてないようです。

オリンピックはいまいち遊び心が足りないので、「雪合戦」という競技を入れるとよいと思います。

2つの国で戦うのですが、それぞれの人数は10人。

雪で作った根城に姫が埋めてあって、唇を奪われたら負け。

球を当てられると、そこで死体にならなければならないルールで、仲間はその死体を盾に敵の陣地へと進んでいくんですが、

進んでいくんですが、オチが見つかれないのでなかったことにします。


原田選手と聞いて思い出したニュースがありました ⇒ MP3(音量注意)
2006/02/19
初めて立ち寄った土地で気になるのは、おいしいラーメン屋があるかどうか、です。

行列のできるラーメン屋などという番組ではいつも東京しか出てこないのですが、

地方には隠れたうまいラーメン屋が多いはずです。

ていうかテレビでうまいラーメンとか宣伝してるが、東京のラーメンは懲りすぎて

もはやラーメンとは呼べず「泥水?」と疑いたくなるようなものも多いのが現実です。

昔はラーメンといったら「しょうゆ」「塩」「みそ」というのが基本で、

時々「とんこつ」が混じっている店があるぐらいでした。

メニューに「ラーメン」しかなくてその店ではそれしか出さない姿勢もいいのだけど。

で、この前ある地方の駅前にラーメン屋があったので、入ってみたのです。

夫婦とアルバイトの女子校生一人だけの小さな店でした。

「アルバイトの女子校生」というところで私なら行列ができるラーメン屋に投票するのですが、

どうやらその日、雇われたばかりの様子でした。

最近では、高校といったらアルバイトするのが定番で、90%ほどの高校生がバイトをするそうです(USO8oo調べ)。

でもアルバイトには賛成ですね。お金の価値が分かるというものですから。

汗水流して働いたことに対する対価として払われるものです。

親の財布を当てにしているよりよっぽど偉いことです。

北条さんちの部屋の掃除をするアルバイトを募集しています


まあ、その入りたてのかわいらしい女子校生がちょこまかと動き回って

……実際なにやってんのかさっぱりわかりませんでした。

ラーメンはもちろん親父さんが作って、おばちゃんが運んできました。さてそのお味は……

むっ!

なんて普通のラーメンなんだ!

特にこれといった特徴もないラーメンでした。

ズルルルルルルル……

まあ、でも食えるものだし、いいじゃないですか。

おばちゃん「あんた、このどんぶり洗った?」

女子校生「水で洗うんですか?」

おばちゃん「なに、いってんの。お湯で洗うんよ」

おばちゃん「あんた、さっきホントに洗ったん?」


ごちそうさまでした
2006/02/26
昨年、「〈子〉のつく名前の女の子は頭がいい」で、実際に「子」のつく女の子は世代で変わってくるかどうかということで、アンケートをとらせていただきました。

実際に私も実家に帰った際に、卒業アルバムなるものを引っ張り出して、

人数を数えるかと思いきや「へぇ~こんな子がいたんだ」「かわいい子だなぁ」

「そういえばこの子、大阪行ったんだっけ、何してるんだろ」と回想モードに入った挙句、

二度とは戻れない高校時代を平凡に過ごした無念さが押し寄せ軽くへこみました。

現在中高生の諸君は、大いに美少女ゲームのような学園生活を楽しむのがよいと思います。


そんなこんなでサンプル数としてはちょっと少ない感は否めないが、適当な数が揃ったところでグラフ化しようと思う。

貴重な情報をお寄せいただいた方々、誠にありがとうございました。

生まれの年度と「子」のつく女子の割合%で作成しました。

申し訳ありませんが、「大学のサークルの仲間」など年度が固定できないものはサンプルからは外させていただきました。

中にはお母さんの卒業アルバムという見たくないものベスト3に入るものを調べていただいた方もおりました。

その他、進学校であるとか不良が多いとか、など賢さに関係あるんではという疑問も送っていただいたり、

「みんなテンションは高いです」という、どう判断しろ? レベルの情報だったり、

「0人です。なぜなら僕は男子校だからです」という特にいらない情報を送っていただいたりして、本当にありがとうございました。

ということで、下のようになりました。



1970年代には50%前後だったものが、1990年代は10%~30%ラインの推移であることは明白です。

これは今後も減っていくことは想像に難くありません。

都会と地方での差もおそらく出てくるものと思われます。

まだまだずっとこの統計は取り続けていきたいと思います。

今回送っていただいた方の多くが現役高校生でした。今いるクラスの人数なので、作業の手間がかからないせいもあります。

このサイトは20代で半数が占められるのですが、20代からの情報が少なかったので、空白ができています。

もし、20代の方でお調べがつくような方はお待ちしております。

そういえば一人、小学2年生から情報をいただきましたが、逆にこんなサイトを見ている君の将来が心配です。