2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2006/04/08
歓迎会のシーズンですね。街や電車にお好み焼きをばら撒くシーズンですね。後片付けしろよな、お前ら! 北条です。


ゲームの話ばかりしてると、まるでゲーマーのように思われるので(現在FF5熱戦中!)、日常の話でもしてみましょう。

長きに渡ってニートピアという楽園で惰眠をむさぼっていた生活も終わりを告げ、

4月から社会復帰にいたりました(実際はバイトしてたのでニートとは呼べない)。

しかし、手に職をもっていない私のようなケシカスに条件のよい仕事など見つかるはずもなく、

前職の「電車の網棚のマガジン回収&即売」も役に立ちそうにありません。

東京砂漠に蜃気楼のように立つ雑居ビルの中の小さなオフィスでPCをペチペチやっているだけです。

本当に人員が必要だったのか疑わざるを得ない状況ではあったのですが、

なるほど見渡す限り高齢者ばかりで、PCスキルなどありそうにもありません。

入社するときってどうしても面接とかでオーバー目に「できます」なんていってはみるけど、

実際に入社後に「~~はできる?」とか難しいことを言われたりしたらどうしようとか不安に思うものです。

一番最初の会社では「パソコンできます」とかいって入社したら、机の上にMacが置いてあって、

「これはなんですか?」的な話になって、「設定しておいて」といわれて途方にくれたことがあります。

いい会社では優しい先輩なんかが教えてくれたりするんですがね。

今回も「表を作ったりできる?」とか言われて「できますよ」と言ってはみたものの、

机の上に「MSX2+」とかが置いてあって「君のPCだけ“+”だよ、ハッハッハ」とか言われたらどうしようとか思ってはいました。

MSXなのに改造してあってADSLが引っ張ってあるとかだと笑うんだけど。無駄な技術すごっ! みたいな。

そんな感じで、「オレ雇うより漬物石のほうが役にたたねえ?」的な気がしますが、

東京砂漠の真ん中でPCをペチペチと叩いて遊んでおります。

人がうろちょろしていてオープンな感じなので、サイトの更新はおろか、サイト巡回も難しそうです。

寝ても大丈夫かな、とか思いましたが、見渡してみても寝ている人がだれもいないふざけた職場なので(寝てもなにも言わないところは何人か寝ているものです)、寝られそうにはありません。

みなさんも面接時に「仕事中寝ても大丈夫ですか」と聞いておいたほうがいいと思います。

あと「残業はどれくらいあるのか」と「残業代は支払われるのか」だけは聞いておいたほうがいいと思います。

「残業多いけど支払われないよ」というところにはイオナズンクラスの妥協をしても入ってはいけません。

以上ニート先輩の近況でした。