2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2006/04/17
10年目にしてやっと「オメガ」を倒すことができました。やっぱりFFVはよくできてるなぁ。北条です。




春は「思春期」「売春」「春画」などのように、色情、性、性行為に結びつく言葉、すなわち季節です。

最近、電車に乗っていると痴漢の現行犯に遭遇することがあります。

「一緒に駅員さんのところに来てください!」
女性に手を引かれていく大学生っぽい人

「この人痴漢です」
女性3人に囲まれ、男に腕を押さえられているオタク

「違うんです。違うんです」
すでに鉄道警察に腕を固められて連れて行かれている顔面蒼白のサラリーマン

次はあなたの番です(ドーン!)


ていうかこの前読んでた漫画に、女子学生がグルになってカモるというのがあった。

「今、こいつ私のお尻触った!」「私も見てたよ!」

と騒ぎを起こして駅降ろされて示談金せしめた挙句、脅迫スパイラルの餌食に!

これは実際もあるようだから気をつけたほうがいいですよね。


【CASE STUDY 1】

最近、携帯を変えました。やっと3和音からの脱出です。

まあ、普段携帯といっても電話もメールもする相手がいないので、

携帯電話ではなく「携帯目覚まし(電話もできるよ)」でした。

ところが今回のは、デフォルトで「ドラゴンクエストII」が入っているという優れもの(これだけで機種がわかるんだろうな)。

つまりこれは「携帯ドラゴンクエスト(電話もできるよ)」という商品なのだ。

今までのはカメラもついていなかったのですが、時代遅れになってはいけないと思い(既に遅い)カメラつきにしたのだが、どうにも使い方が分からないのです。

満員電車に座っていて暇だったので、携帯の使い方を練習していたんです。

適当にカチャカチャとボタンを押していた そ・の・と・き


カシャァ♪


通勤電車の車内に鳴り響くシャッター音。一斉にまなざしを向ける乗客。スカートを押さえる女性。

ちょっと待って!

心の狼狽をなんとか表に出さず「ふ~ん、このボタンが撮影か」と意味不明な独り言を言って「盗撮じゃありませんよアピール」をしていました。

いや、実際してないし。自分の顔、撮影されてたし!

もうその場で「この痴漢がぁ」と携帯を取り上げられて噛み砕かれるんじゃないかと思った。

痴漢が連行されている今日この頃、李下に冠を正すような行為は避けたほうがいいですね。

そんな春。


【CASE STUDY 2】

先日のこと。信じられないようなことが起こりました。

仕事からの帰り道。これまた満員電車の座席に座っていました(北条さんは電車は座るものだと思っています)。

文庫本を読んでいました。

ある駅についたとき私の目の前に女子校生(と思われる)が立ちはだかりました。

こうゆうときいつも思うんですが、私の上に乗っかってくればいいんですよ。

滑り落ちないようにストッパーだって用意しているのに(最低)

まあ、それはそれとして、私の目の高さは女子校生の腰の高さになるわけです。

興味が薄れて再び読書にふけようとした そ・の・と・き


女子校生がスカートをまくりはじめました

はぁ?

おいしい展開と思う刹那、危険信号が北条さんの脳裏に点りました。

これは当たり屋ならぬ「痴漢屋」だ!

【痴漢屋】(chi・kan・ya)
一人ないし数人で行動をし、電車内でターゲットに近づき、痴漢行為を強制的にさせるもしくは痴漢をされたと装う者。その後、示談金をせしめるだけでなく、住所を聞き出し脅迫スパイラルに陥ることもある。
ここは諦めて警察に頼むべきだが、一度疑われると、容疑が晴れても世間の風は冷たいものである。
「痴漢屋にであったらおしまいだな」という名言もある。
民明書房「5分でできる痴漢と留置所」より抜粋


だいたいこうゆう展開は「遊人」の漫画にしかありえないんです。

痴漢電車なんてAV(乗客がみんなでやりまくるやつ)にあっても本当に起こりうる筈はないのです。

じゃあなんなんだ、この痴女は!


と思っていたら、スパッツを穿いていました。なんかそれをゴソゴソ直してるみたい。

でもよく考えると満員電車内でやることでもないだろうに。10cm目の前で行われてしまい、読書なんて気が散ってできないっつーの!

ていうかやっぱり他の人からみると、俺がなんかいかがわしいことしてるんじゃねえの!って思われるんじゃないかと冷や冷やしてた。

もうその場で「この痴漢がぁ」と文庫本を取り上げられて首をへし折られるんじゃないかと思った。

痴漢が連行されている今日この頃、李下に冠を正すような行為は避けたほうがってしてねえし!

そんな春。