2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2006/09/30
『逆襲の図書館』

「本を借りたいのですが」

司書(ド-ラ)「このクソ忙しい時に!」

「仕事でしょうが。本を探していただけますか?」

司書「そうゆうことは自分の力でするもんだ」

「真面目に仕事しろよ、おばさん」

司書「船長とお呼び!」

「船かよ! この本を探してほしんですけど」

司書「私をだませると思うのかい?」

「いや、誰もだましてなんかないですよ、嘘いつわりなくこの本です」

司書「暗号を変えたって無駄だよ」

「どこも暗号じゃなくて普通の日本語でしょ! 探しても見つからなかったんですよ」

司書「それでいじけてのこのこ帰ってきたのかい」

「別にいじけた訳じゃないですけど」

(別の司書が本を持ってくる)

司書「お前も嫁にするならああいう娘にしな」

「いきなり偉そうだな。なんで嫁の話が出てくるんだ」

司書「泣き言は聞きたかないね!」

「はあ? あとコピーを利用したいんですけど、1枚10円でいいですか?」

司書(おもむろにそろばんを出してはじく)

「なんでそんなの使う必要があるんですか?」

司書「これかい!? これは東洋の計算機だよ」

「聞いてないよ! つーか『そろばん』でしょ。計算必要ないし!」(10円を出す)

司書「やれやれ、娘を金で売ったのかい!」

「どんだけ安い娘なんですか!」

司書(コピー機の操作を始める)

(ずいぶん古いコピー機だなぁ)

司書「クモの巣だぁ」

「どれだけ使ってないんだ!」

司書(コピーと本を持ってくる)

「図書館利用者カードですね。今、出します」

司書「40秒で支度しな!」

「いや、すぐ出ますよ。はい」

司書「ちょっと借りてるよ、坊や」

「坊やって誰ですか」

司書「別に取って食やしないよ」

「当たり前でしょ!」

司書(カードを返却する)

「ありがとうございました」(出口に向かう)

司書「あの男が全部持ってっちまう! 追うんだー!」

「はぁ? 警備員さん、この人どうにかしてくださいよ」

司書「おもかじ、逃げろ~」

「逃げるんかい!」