2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2007/09/08
ご無沙汰しております。某L&Mの人から『北条さんはちょっとサイトの更新さぼりすぎです。』と言われてしまいました。アーダンが終わった今、更新頻度が上がるかどうか見守ってあげましょう。


大々的に宣伝されてしまいましたが、確かに中国に行ってました。

中国といえば最近騒がしくなっており、「中国=ダンボール肉まん」的な短絡思考に結びついてしまうかもしれませんが、

中国では肉まんのかけらさえ見ることはできませんでした。北京っていっても広いですからね。

そもそも中国語なんてまったく話せないんで、何がどこにあるかなんてわかるわけないです。

かろうじて「平和」っていうのは「ピンフ」って読むんだなってのを知ってるぐらいです。


中国に行ってから知ったんですが、来年北京でオリンピックが開かれるらしいです(え?)

オリンピックは冬季しか興味がないのでまったく知りませんでした(興味云々の問題以前)。

南アフリカで行われるんじゃなかったでしたっけ(何か情報の断片が入り混じっています)。

そんで一緒に行った人はオリンピックスタジアムを見るとか言ってましたが、私はそんな建設中のものみても意味ないし、

働かされたら嫌なので日本から持ってきたカップラーメン食ってました。

オリンピックのために中国全土からみんな働かされに来ているに違いありません。

 (写真はイメージ映像です)


今、私は13億人を敵に回しましたか?


中国に行って一番驚いたことは、中国人が日本語をしゃべらないことです。

ではなくて、

料理を頼むと、「お茶も頼めよ!」みたいな感じでつっかかってくることです。

日本みたいにお冷が出てくる文化はないので、飲み物はたとえ水でも別途注文する必要があります。

中国にはお茶があるんだからただで出してもいいんではないのかと思っていたら

とんでもない!

ちなみに昔、飲茶というお茶が本当にあるんだと思っていました。


中国でお茶は未だに高級なもののようです。

料理と同じ、もしくはそれ以上の値段がします。

軽々しくお茶を頼もうとすると、



と、びっくりされてしまいます。


お茶を持って歩いているだけで不良に絡まれるのかもしれません。

「おい、おめえお茶持ってるだろ!」

「い、いえ、持っていませんけど」

「うそつくんじゃねえぞ!」

「う、うそなんかじゃ」

「じゃあ、おめえジャンプしてみろ」

  (チャリン)

「今、チャポンチャポンって音したアルヨ!!」




今、私は13億人を敵に回しましたか?


それはともかく日本にお茶ぐらいのお土産を買って帰ろうと思っていましたが、断念せざるを得ません。

だってそんなものをあげた日には、

 こんなもの!

 ピュッ

 チャッポーン

 「おろかもの」「おろかもの」パシッ パシッ

って怒られてしまいます。


今、私は13億人を敵に回しましたか?

 (写真はイメージ映像です)
(c)横山光輝・潮出版社