2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2009/09/24
ドラゴンクエスト9もドラゴンはクエストしなくなっていることには誰も文句は言わないようですね。北条です。


今更ながらドラゴンクエストの「こういうことあるよね~」というのを私なりに掘り起こしてみようと思います。
最新作ドラゴンクエスト9に限らない今までの総集編という形でお送りいたします(8はやってないのでわからない)。
2chやニコ動にもありますが、なるべくかぶらないような精神的なネタを書き出します。

ドラクエ あるある集

  • 洞窟での分かれ道で、選択した先に階段があるともう一方の道が気になって仕方がなく戻る。
    もう一方が行き止まり→残念な気分と安心気分が混在で複雑。
    宝箱→戻ってきたことに充足感
    こっちも階段→幻滅
  • レベルアップ時に呪文を覚えるかな、というドキドキ感の中で「○○Gを手に入れた」と出たときのむなしさ
  • 呪文を覚えたのはいいが、「ニフラム」とか「ボミオス」とかいまいちな呪文のときの空喜び
  • ザオラルで4回連続生き返らなかったときの不条理さにキレる
    MPが足らなくなってなくなく宿屋に
  • 回復呪文をかけたやつがその前に殺されてしまったときの虚脱感
  • 戦闘中生き返ったやつが直後に殺される嫌悪感
  • 呪文と攻撃のコンビネーションがうまくいって相手を全滅させたときに「俺うまくない?」とちょっと誇らしげになる瞬間
  • 街で一本道のところに町人が入っていってしまって邪魔になったときの敗北感
    それでこっち向いて出てくるかなと思った瞬間、さらに奥へ進んでいってしまう脱力感
  • ボス戦でまったく歯が立たず「あぁこれは今は倒せないボスなんだ」と自分に言い聞かせたのに、普通に全滅して教会に戻されたときの信じたくない気持ち
  • 街でお金をはたいて買った装備が次の洞窟の宝箱に入っていたときの悔しさ
  • 船を手に入れると、ストーリーからちょっと外れて強い敵がいるところに踏み込んでいきたくなる好奇心
  • 死にそうなキャラを回復させるのが面倒であと少しで洞窟から出るor街に着くからと横着して、敵に遭遇して死んでしまったときのやりきれなさ
  • フィールド上で行き止まりになると岩山に「ドゥドゥ」と体当たりして憂さを晴らす
  • 階段を降りた直後に方向が逆ですぐ上ってしまい自分に苛立つ(ザザザッ ザザザッ)
  • 階段の目の前の落とし穴で落ちる悲しさ(落ちた先に限って敵に多く遭遇)
  • 昼から夜になる瞬間に少し止まって一歩一歩進んでしまう意味のなさ
  • 目の前でタンス開けられて服をもっていかれたら俺ならキレる
  • 戦闘がめんどくさくなってAボタン連打の全員「たたかう」にしたら、攻撃がちぐはぐで全滅させられず、余計に時間がかかったときの後悔の念
  • けっこう強い敵が落としたアイテムが「うまのふん」だったときの「何だそれ」感
  • 「はい / いいえ」の選択肢でわざとおかしなほうの答えを選んでみたが、そのままストーリーが進んでしまったときの焦燥感
  • 貴重な消耗品アイテム(世界樹の雫など)を結局最後まで使わずに終わってしまうもったいない気持ち
  • 2回攻撃してくる敵にやられ「卑怯だ!」と叫ばずにはいられない卑怯さ
  • 「スクルト」「フバーハ」「マジックバリア」のフル防御を「いてつく波動」で一瞬にして消されたときのけだるさ
  • 瀕死状態で「しかし まわりこまれた」時の諦め感(まずコントローラーを放り出す)
    その時運よく死ななかった時、ぶんどるようにコントローラを掴むがやっぱり「しかし まわりこまれた」時に「やっぱり」と捨て台詞しか吐けない敗北感
  • 回復を忘れてボス戦を連戦してしまったときの危機感
  • マホカンタした敵相手に唱えた強力な攻撃呪文が「やまびことなって こだました」時のやめてくれ感
  • ボス戦で仲間が次々と殺されていき、回復もできなくなったときに意味もなく一矢を報いるように最後の攻撃を加える男塾になったような気持ち
  • 攻撃が強い敵が「マホトーン」を唱えたり、呪文が面倒な敵が通常攻撃してきたときの安堵感
  • いかにも何かありそうな箇所を「しらべる」も、何も見つからずにもう一度「しらべ」てみる諦めの悪さ
  • DQIIの太陽の紋章でおなじみの外周隠し。他の街や村で見つけたと思った瞬間「ザザザッ」と外に出てしまったときのだまされた感
  • 街や城で人に話しかけたら隣の違うやつが話し始めた「おめえじゃねえよ」感
  • 話が長いのでAボタンを連打してたら、もう一度話しかけてしまい、また長い話が始まったときの屈辱感



さて、みなさんはいくつ経験をしましたか?