<  2009年11月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2009/11/21
ラピュタの新エンディング。ドーラが「おれは海賊王になる」。それはないな。北条です。


「エロ画像のパンティの柄を一瞬で自由自在に変えられる裏技」

もう何年も前の話、私は大学という名の"インターネットやり放題巨大施設"に通ってました。まだ家庭ではダイアルアップだったので、やり放題というのはとても魅力的でした。

私は4年生にもなったとき、卒業研究をしなくてはならなかったのです。ちょうどその年はWindows95が発売された画期的な年でした。

パソコンと言うと今までPC-98が主流だったので、Windowsの使い方を覚える、といいつつ毎夜、毎夜泊り込んではエロ画像の収集に精を費やしていました。

今でこそ、研究室でファイル交換ソフトを走らせている不良学生が中心ですが、当時はすべて手動だったのです。

「いかに効率よくエロ画像が集められるか」これが私の卒業研究と言っても過言じゃないです(卒業できません)。

ちなみに、今では容量をMBやGBで表現しますが、昔はEG(エロガゾウ)と表していました。パソコン内に100枚のエロ画像があれば100EGです。今では、ED(エロドウガ)ですね。


そんな時、研究室でカラープリンタを買いました。

当時、個人でカラープリンタを持つのは石油王レベルと思われるくらいの贅沢中の贅沢だったんです。

私らは、初めてテレビを見た人たちのように、珍しがりました。


「じゃあさ、このエロ画像プリントアウトしてみようぜ!」

卒業研究用に購入したプリンタの最初のテスト印刷は、エロ画像(無修正)でした。

この時点で、何か頭のねじが錆びてんじゃねえの? という感じだったのですが、さらに加熱します。

次々とプリントアウトされるエロ画像、もう止まんない。すると、

純白のパンティつきの無修正画像を見ながら友人がこう言いました。

「よく考えたらさ~、このパンティの部分って、紙の色だよね~。紙に興奮するってことじゃない?」

!?

これは、大発見です!!

世の中の男性諸君! パンティやパンチラの写真に興奮している君! それは紙の色だ!

そう、紙の周りにインクを吹き付けただけ。

印刷するとこういうことになります。



そう考えてむなしくなってやめようと思ったときに目に留まったものがあった。


卒業研究発表用のOHPシート(透明なやつね)


「あのさ~、これに印刷したらどうなるんだろう?」

理系に必要なものは探究心と好奇心! さっそく実行!! すると、



見事にパンティの部分が透けた!(グレーの格子部分が透明だと考えてください)


ふむ、パンティが消えてしまったではないか。我々の見ていたパンティは幻だったのか!

そう思いながら、何気なく色の付いた紙に乗せてみると......


「おい、見ろ! パンティの色が変わるゾ!」

とてつもない大発見をしたかのように大興奮のアホ学生たち。たぶんノーベル賞を発見した人たちもこんな気持ちを味わったんだと思う。

この後、縞々の背景や、絵柄を持ってきて、大歓喜の我々、アホ学生。

   スペランティ

OHP用紙に印刷すればパンティの柄が自由に変えられる!!

これは、大発見です!!


研究テーマ「エロ画像のパンティの柄を一瞬で自由自在に変えられる裏技」

たぶん、当時の私の脳みそは、ウミウシかなんかでできていたんだと思う......