<  2009年12月 >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2009/12/06

このままではクリスマスがレビューor一人職場に残らされて仕事になる予感がしてきました。北条です。







さてさて、最凶最悪の狂喜ゲーム「POSTAL 2」の時間がやってまいりました。

第1回目のレビュー「月曜日」はご覧いただけたでしょうか。


「北条、お前が死ね」とか「この基地外野郎!」「お前みたいなのが犯罪犯すんだ」「抱いて!」など、いろんな評価をいただいたとかいただいてないとかありますが、さらに加熱してくると思われるので、前回ので「ご飯が食べられなくなった」と言う女性は、今月中はUSO8ooの巡回を控えて、北条さんとのクリスマス計画などをしているのがいいと思います。男性は・・・さぁ、煙突に詰まっちゃえばいいんじゃないの?


【火曜日】~その1~


さてさて、今日のおつかいは何かなぁ


・教会でざんげする
・ゲイリーにサインをもらう
・図書館に本を返す
・署名を集める
というハードスケジュールです。

でも、署名は道行く人に声をかけて、嘆願書(犯罪ゲームを認める嘆願書)にサインをもらえればいいので、道すがらやっていけばよいのだ。

▲こんな感じで署名してもらう


「はい、そこでゲームに夢中のあなたも署名しな!」
「・・・・・・」
「聞いてるのか?」
「・・・・・・」

ムキーッ
こいつ人の話を完璧に無視して、インベーダーゲームやってます。


後ろでしゃがんでみましたが、パンティは見えませんでした。このゲームにスカートめくりはないのか!

仕方ないから、少し拳銃で脅そうとした瞬間に、今までのシカト攻撃が嘘のように、どこから持ち出したのかわからない拳銃で逆に撃たれてしまいました。
警察まで来る大騒動になりましたが、無事収束(全員殲滅)いたしました。


それはそうとこいつは許せません(今ならパンティ見放題です)

ジョボジョボジョボジョボ!?

メラメラメラメラ
(c)大場つぐみ・小畑健/集英社
ははははははははは・・・・・・鬼畜


さて、このゲームで火を扱うのはたいへん危険です。一旦火に包まれると、みるみる体力を奪われていってしまいます。
それでは、火を消すにはどうしたらよいでしょうか?

正解:自分のおしっこで消す

ばかばかしさといったらこれ最強です。
先日、「ズボンのチャックを開閉する」というボタンがありましたが、ここで使います。
でも普通におしっこしても火は消えませんよね。

正解:上を向いてする

なんてこと!
そんなんで消えるの? と思う人もいると思いますが、

天井まで届く遠距離弾道ミサイルなので安心です。

当然、量の限界がありますので、出尽くしたら次の尿意が来るまで待たなければなりません。

あと、小便をかけて嫌がらせをするなどといったこともできますが、ズボンのチャックを閉め忘れたまま外を歩いていると警察に逮捕されちゃいます。社会の窓は常に閉めておきましょう。


さて、おつかいおつかい・・・

まず、教会で懺悔をしたいと思います。
教会につくと、懺悔部屋の前に

例によって、行列ができていますが、これはこれで嘆願書の署名が一気に集められてラッキーでした。

神父さんにも署名を求めてみましたが、無視されました。ライフルよぉ~い

さぁ、これで1つ目のおつかいは終わったわけですが・・・・・・


何か外が騒がしいです。イスラム過激派テロリストのあの人っぽい人が叫んでいます。


教会に突っ込んできました。。。

自爆テロ キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

あっという間に、教会内は戦場になりました。

今回は見方が頼りにならないので、自力で脱出しなければなりません。物陰や机に隠れつつ、ミッションインポッシブルな戦いが要求されます。


何がめんどくさいって、こいつらあちこちに火を放ちやがったので、

火を避けないといけないんです。気を許すと第2の自爆テロにあって燃やされてしまいます。
そのたびに


上向いておしっこ! とかやってらんない、まじ。(白いのは消火活動後の湯気よ!)

外に出ても

銃撃戦が繰り広げられています。殲滅は到底不可能なので、脱出するに限ります。正直ここは正念場で、何回もぶっ殺されました。


【牛頭を使え!】
先日紹介した牛頭の使用法と効果について説明します。



まず牛頭を調達します。よく見るとハエがたかっている時点で怪しさ満点です。


ディスコで踊り狂っているやつらがいるのでここで使ってみましょう。

牛頭投下!


辺りに怪しげな煙が立ち込め、客は方々に逃げ始め、逃げ遅れた人は吐いています。
実はこの牛は炭そ菌に感染しており、辺りに炭そ菌(この赤い煙がそれ)をばら撒くのです。
ちなみに炭そ菌というのは、生物兵器テロとしてアメリカで一時期話題になったやつです。
かなりブラックな話ですよ。

投げつけた牛頭がカウンターの裏に転がっていました(再利用不可)。


この牛頭の使い方その2が

破壊です。

辺りに炭そ菌をすごい勢いで蔓延させます(この後巻き込まれて死にました)。

牛頭は恐ろしい生物兵器でした!


さてさて、教会を脱出したポスタルは、サイン本をもらいにショッピングモールに向かいます。
誰のサインか?

ゲーリー・コールマン(アーノルド坊や)です。

ゲーリー・コールマンは暴力事件で捕まったこともありますので、一波乱ありそうですね。

やや! いましたよ。ゲーリー。


あまりにも長くなったので今回はここまで。この後、どうなるかは次回に続きます。。。
(c)RWS
《Postal2レビュー》火(1)火(2)一週間通しで見る