<  2009年12月 >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2009/12/26

有馬記念はぜひ「シャドウゲイト」にがんばってもらって「ざんねん!」な結果に終わらないことを願います。北条です。







《今までのレビュー》火(1)火(2)




今日から2日間は、「POSTAL2 WEEKEND」のシナリオになります。土日の2日間をプレイします。日本一画像の多い詳細なPOSTAL2レビューです。

Postal2 土曜日


いきなりポスタルの妄想から話は始まります。



ハーレムを築いている夢を見ますが、


「浣腸の時間で~す」とホラー映画のように看護婦?が現れて現実に戻ります。

さて、金曜日に頭を撃たれたポスタル・デュードは、奇跡的に一命を取りとめ、病院に収容されていました。
見舞いの手紙には
・トレーラーハウスを回収させていただきます
・チャンプ(愛犬)を保健所で預かっています。明日には殺害します
・国に帰らせていただきます(妻より)
という3通が来ていました。

めでたく妻と別れられたので、くだらないおつかいをする必要はなくなったのですが、最終目標は「愛犬を引き取る」です。その間に、いざこざが起きます。

ウィークエンドは、基本的に一方通行シナリオで自由度は低く、今までのマップではない、狭い街の中で奮闘します。武器は、「ブーメランなた」「粉砕ハンマー」「死神の大鎌」が増えています。

病院を脱出せよ
まず、病院で精子バンクに精子を提供してお金をもらいます。


この意味不明なポスターを使って、精子をバケツいっぱいにします。いや無理だろ!

その最中、病院内の実験施設で猫が反乱を起こします。

▲カッター猫


▲魑魅魍魎の世界

この猫が、本ゲーム最強の敵であり、一番頼もしい武器でもあります。

一分ぐらい回っていると、普通の猫に戻るので、普通に捕まえることができます。敵に向かって放つと、敵を切り刻んでくれます。自分に向かってくることもありますが、自分に対してはあまりダメージを受けないうれしい猫たちです。

さて、病院を抜け出そうとするや否や脳に障害を負ったポスタルに異変が起こります。


世界がホラー化します。そのうち、幻覚なのかなんなのかわからなくなってきます。

敵も好戦的なゲイリーだったり、狂牛病の顔をしたゲイリーだったりです。手榴弾を投げてくるのでやっかいです。こちらの武器は「ハサミ」しかありません。

ピンチのときは

猫を使って切り抜けます。カッター猫最強

その後、外壁を移動したりと大変な思いをさせられますが、無事脱出しました。

病院のあちこちに

ブラックユーモアなポスターが飾ってあるのは、さすがPostalです。


レストランでゾンビ退治

腹が減ったのでレストランに行くと、店員が狂牛病にかかり、ゾンビ化します(なぜ?)。それと同時に街中にゾンビが現れます。これを全て倒さなければならなくなりました。

画像がなくなったので、始末後の画像のみです。

まさにゲームは

ハウス・オブ・ザ・デッド(もしくはタイピング・オブ)やバイオハザードと化していました。頭を撃ち抜かないと死なないのは、ゾンビの世界共通ルールです。

ゾンビを倒すと、その腕を見込まれて、変なおじさんに誘われます。

狂牛を倒せ!

動物殺戮シーズその1です。狂牛病に罹っている牛ならともかく、狂牛病になる前に、牛を殲滅せよ、というミッションです。今回のPostalは数ミッションが多いです。

ハンマーをもらいこれで頭を粉砕するという、まぁなんという残虐ぶり。


牧場の牛を全滅しました。ここにきて初めて、「動物愛護協会」が出てきました。今までにも数多の動物を殺害してきましたが、ついに彼らに襲われます。

しかし、彼らより牛の方が圧倒的に強いです。突進されたらダメージがでかいです。
ちなみに後ろからハンマーを投げると
 
牛のお尻の穴にハンマーがつきささり、牛も喜びの顔をしたまま固まっています。

なんだこのゲーム!


ハトを殺せ!

牛殺しの次は、ハト殺しです。

しかし・・・

ヴィンス社長です。何か動画が流れています。社長が絶叫しています。お金がないとのこと・・・

・・・

本当に超面白かったのかなぁ・・・

一応ハトの羽が舞う映像だけは作られていたので、本当に企画はあったものと思われます。


ゴールドマスターを回収せよ!

RWS社のヴィンス社長から電話がかかってきます。
インタラクティブ社が持ち出したPostal2のゴールドマスターを取り戻せ、とのこと。
え~っと、月曜日にクビって言いませんでしたっけ?

そうは言っても断れないのがこのゲーム。そのインタラなんとか社へ乗り込みます。

なんでもブラックジョークにしたがる傾向がこのゲームにはあるので、本当にパクリ疑惑とかがあったのかもしれません。

当然、不法侵入になるので(金属探知機にひっかかる)、警備員と格闘になります。

途中

ホラー化の発作が起こります。


これがパクリ疑惑のなんたら社長です。ボルデモートとかそんなような名前だったと思います。しらばくれていますが、机の上にゴールドマスターはあるし、

Postel2というこれ見よがしなパクリ商品も机の上にあります。証拠十分です。

埒が明かないので、ゴールドマスターを持ち帰ろうとしたら

ロケットランチャーで攻撃してきました。

ステージボス:なんたら社長

2日間しかありませんが、それぞれにステージボスが存在します。

この社長もロケットランチャーを連射するので強敵です。体力も700とありすぎです。

仕方がないので、こちらも最強兵器「カッター猫」を使います。

すると、あまりの出来事にロケットランチャーを落とすので、それを奪います。まる裸になった社長は何も怖くなくなりました。

スナイパーライフルで狙いをつけて。。。

ド~ン

「一撃で・・・一撃で撃破か!なんということだ。あのポスタルは戦艦並みのライフル砲を持っているのか...!」


土曜日終了
(c)RWS
《Postal2レビュー》火(1)火(2)一週間通しで見る