<  2009年12月 >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2009/12/27

 ざんねん!!(いろんな意味で)北条です。







《今までのレビュー》火(1)火(2)
一週間通しで見る


POSTAL2 日曜日


さて、長々とやってきたPOSTAL2レビューも今日が最終日となります。攻略の仕方は人それぞれなので、何回でも楽しめますね、このゲームは。

それはそうと、この日曜日はひたすら長いです。2~3日分ぐらいのミッションをクリアしていかなければなりません。敵も強いです。

そんなわけで、1つ1つ細かくやっているときりがないので、はしょりながらやっていきます。


ゾンビの逆襲

土曜日に見事ゴールドマスターを取り返して、パクリ会社の社長を殺害したポスタルはRWS社長のヴィンス邸に呼ばれました。

ところが起きてみると、解雇された社員共が、ゾンビになって襲い掛かってきました。

なんだかもう現実がなんなのかわかんなくなってきました。

ここで死神の大鎌の威力をご覧に入れましょう。

▲真っ二つ!

ただ、ゾンビはあくまで頭を割らないと死にませんので、ショットガンかハンマーでなければ死にません。

胴体が離れても這ってきます。

ゾンビの攻撃は、直接攻撃(殴る)と肉片攻撃です。この辺もハウス・オブ・ザ・デッドと同じですね。


次から次へと、まさにハウス・オブ(以下略)

普通の敵ならロケットランチャーでぶっ飛ばして終わりなのですが、こいつらは燃えてもびくともしません。燃えたまま突進してくるので非常に厄介です。

もっとやっかいなのが、頭を飛ばしても死なないやつです。

不死身です。簡単に言えばバグなんですが、もうこいつを殺す手段はないのに、どうやってか知らないけど肉片を飛ばしてきたりします。こうなったらせめて足を切り離して逃げるしかないですね。


ヴィンス邸にはなぜか武器庫があるので、今後のために武器を調達します。ほぼフル装備完成です。

80体ものゾンビを倒すと、まだゾンビはたくさんいるにも関わらず、ポスタルはヴィンス邸を後にします。だから月曜日にクビになったんじゃねえのかよ!


ゾウを虐殺する

道を歩いていると、今は「象の足から作ったゴミ箱が人気なんだよ」ととぼけたことを言うオヤジにつかまり、なぜか奉仕をさせられてしまいます。

要するに象の足を切って来いということです。


象の楽園

設定は確かアメリカの都市だったような気がしたんですが、アフリカにワープしたような感覚になります。平日にも象の楽園はありましたが、あそこでは普通に象の焼肉売ってたしなぁ。。。

象はさきほどの「死神の大鎌」で切り落とします。実際は切れませんが。


当然、怒りで突進しようとします。突進されたら、あっという間に殺されます。銃も効きません。


象の楽園内に売店(また象の焼肉っぽいの売ってる)があるので、ここに避難すれば、象は入って来れず、売店の前で突進し続けるので(本当なら売店もろごと飛ばされるとは思いますが)、ゆっくり大鎌を振り続ければ倒せます。

そんなわけで

売店前が象の死骸だらけに。。。


VS アルカイダ

ヴィンスから「豪華な花火を打ち上げたい」という相談があったので、アルカイダに花火の代わりになるような爆発物をもらおうと単身で乗り込みます。単身乗り込めたら、今の米兵は派遣される必要性はまったくないのですが、案の定

余裕で好戦ムードであり、話し合いどころではありません。

マシンガンの応戦やロケットランチャーを潜り抜け、最奥までいったところで外がやかましくなってきました。


米軍機到来!

仲間だ! 仲間が助けに来たぞ!

と思ったのも束の間


アルカイダの基地はぼっこぼこにされ、逃げるのもやっとの思いです。
そして最終的に

仲間だと思われて捕まってしまいました。

まぁなんとなく予想はしてたけどね。。。


米軍基地から抜け出せ

持ち物が「マッチ」だけになってしまい、留置場に囚われてしまいました。

警察署ならマッチだけで、火災非常装置が働きましたが、それでは弱いらしく

一人の尊い命が犠牲になりました。

まぁ、武器がないところから、強敵米兵(や犬)に立ち向かうのですから大変です。

どうしてもこまめに保存しての戦いになります。武器と回復アイテムがぎりぎりですから。


途中セスナが置いてあったときには、「あぁこれに乗って逃げるんだろうな」と思いましたが、あてがはずれ本当においてあるだけでした。爆発させることもできませんでした。


さすが米軍基地、核燃料がおいてあります。

これは爆発させることができました(即死しました)。

そういえば花火を手に入れることを思い出したポスタル。


核弾頭を持ち出します。相変わらず考えることが飛んでいる。

ここで脳の発作が起こります。

なんだこの溶岩の世界は!

こんなところになら
(c)スクエア・エニックス
デスタムーアとか出てきてもおかしくはない。。。

外に出ると、

またもやゾンビーな世界になってました。米兵とゾンビが戦っています。


米兵もゾンビにはひとたまりもないようです。(正直ゾンビの方が楽勝ですが)

こうしてなんとか米軍基地を抜け出したポスタルはインタなんとか社に、核弾頭を設置しに行きます。


インタなんとか社へ行け

ここではゾンビとの対決です。もう見飽きたのでいいです。


設置完了! 後は逃げるだけ。。。

と、愛犬チャンプを引き取りに行くのを忘れてました。


保健所にチャンプを回収しに行こう

まぁペット系というだけで嫌な予感はするんですが、案の定


こんな改造犬が群れになって襲ってくるわ


カッター猫が群れになって回ってるわ(いつもより多めに回っています)で大変です。


今度は魚も襲ってくるのかな? という期待は裏切り、何も起こりませんでした(予算の関係かな?)。

最後は

大量の改造犬に囲まれて、万事休すかと思われたその時、


チャンプーが助けに来てくれました。

感動の再会劇ですね。


橋を渡る

さぁ、後は街を逃げ出すだけなんですが、完全にゾンビタウンと化したラクーン市パラダイス市。最後の橋にもゾンビと軍隊がひしめき合って、容易には抜け出せません。これもハウス・(以下略)のような光景ですね。



それでもなんとか進んでいくと

見覚えのあるトレーラーが!

これで帰れる!

と、思いきや。。。


ラスボス:ゾンビなんちゃら

最終ボスが待ち構えていました。

正直、めちゃめちゃ強いです。耐久勝負です。武器とヘルスパイプ(体力回復麻薬)をどれだけ持っているかが勝負の行方を左右します。

武器は途中で湧き出てくるゾンビを倒せば手に入りますが、あまり無駄撃ちはしていられません。

まず、このゾンビのバリアははがすために

上空を飛来しているミニゲイリーを粉砕する必要があります。

拳銃でもハサミでもブーメランなたでもなんでもいいです。ここで無駄撃ちをしすぎると後が辛くなります。

バリアがなくなったら、大量破壊兵器やロケットランチャーなど破壊力の強い武器で攻撃します。


後はこれの繰り返しです。しかし、3500とかいう体力を見たら、いつ終わるのか。。。と気が遠くなってしまいます。

こんなに時間がかかるボスは見たことがありません。


無事に倒すとついに脱出です。

チャンプーも一緒に脱出します。


後ろのほうで核弾頭が爆発している様子がわかります。めでたし、めでたし


土日の成績?



これでPOSTAL2の一週間レビューが本当に終わりました。楽しんでいただけたでしょうか? 奥が深いゲームですので、憂さ晴らしにやったことがない皆様もいかがでしょうか?
(c)RWS
《Postal2レビュー》火(1)火(2)一週間通しで見る