<  2010年4月 >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2010/04/29

寒い、暑いを繰り返す気候に見事にやられ風邪を引きました。北条です。


〔ファミコン的なことをいくつか〕

ディズニーランドにマイケルジャクソンの「キャプテンEO」が復活するというのを聞いて、どうしても代表的クソゲー「キャプテンED」しか思い出さない。


「ファミコン」という名前が「元々シャープのオーブンレンジだった」という話は前に何かで聞いた様な気はするが、それがツインファミコンの販売(シャープって知らなかった)と密接に繋がっているとは考えたこともなかった。無邪気に遊ぶ子供たちの裏で、どす黒い大人の汚らしさがあったと思うと切なくなる。


先日仕事中に(←?)偶然見つけたのだが、杏野はるなという自称ゲームアイドルのタレント?がいるようだ。数年前からいるらしく、知っている人には今更?と思うかもしれないが、私のアイドル年表は1995年ぐらいで止まっているから。
この人は、自分からゲームアイドルと名乗るぐらいだからレトロゲームが相当好きなようだ。自己紹介をコピペすると
好きなゲーム→「最後の忍道」「スプラッターハウス」「ファイナルファイト」「大魔界村」「戦いの挽歌」「暴れん坊天狗」「稲川淳二 真夜中のタクシー」「クレイジークライマー」「月風魔伝」「カトちゃんケンちゃん」「レジェンドオブヒーロートンマ」「アーバンチャンピオン」「ゴーストバスターズ」「スペランカー」「アイドル八犬伝」「剣豪」他う~ん、結構アクションものとか格闘暴力ものが好きなようで、女の子としては珍しい。スペランカーは名作なのでわかるが、どうやったら「ゴーストバスターズ」が好きになれるのかがさっぱりわからない。「暴れん坊天狗」とか渋すぎるだろう。
しかも、けっこうゲームがうまいらしい。だいたい女の子は下手なイメージがあるのですが。
いろいろと叩かれたりするようだが、がんばってほしいものである。


アバターで3D映画がはやったことを皮切りに「3D元年」などと呼ばれ、テレビや番組、ゲームなどに3Dが登場し始めた。
しかしゲームに関しては、昔から3Dは存在しており、昔当サイトでも紹介したことのあるパンチラゲーム「アタックアニマル学園」(右写真)は、スペースハリアー的3Dシューティングゲームで、専用の3Dスコープ(写真右下)をかけることで、3Dになるという仕組みだった。
実際には、画像を左右にちらつかせているだけで、見にくくなるわ、目が痛いわ、ゲームがつまらんわで、まったくはやらずに世の中から姿を消した。
もし、アタックアニマル学園が歴史的なヒット作になっていたら
3D元年は1987年になっていたはずだ