<  2010年9月 >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2010/09/04

最近、妙に記憶力が衰えているらしく、昼にラーメンを食べたにも関わらず、家に帰ってきてからラーメンを作ってしまったりします(北条さんは滅多に外食せずに自炊です←アピールポイント)。北条です。


<ペニーオークション始めました>

海外で始まったペニーオークション。日本上陸してちまちまとやっていましたが、圧倒的会員数を誇るDMMが始めたことで一躍有名になりました。今や100近く類似サイトがあるんじゃないかと言われている。

ペニーオークションってなんじゃらほい、っていう人。普通のYahooや楽天のオークションとは全く別世界です。
簡単に言えば、ポイントを使用したネット上でのリアルタイム競りです。

出品者は開催者自体の場合が多く、時と場合によって1円で落札したり10000円したり様々です。そして、普通のオークションと最大に異なるのが、入札に70円(DMMの場合)かかることです。

70円って安いですよね。って誰もが考えるんですが、実際はどうなんでしょうか。。。


たくさんサイトがありますが、私がDMM会員(主に.co.jpの方で)なので、DMMのポイントオークションでやってみました。なぜなら初回に限り1000円分無料だからです。

DMMポイントオークションを見てみましょう

【落札状況】


だいたいこういうのを見せられてみんなはまり込むんですよね。

「DSiが7680円って安いなぁ」と思ったら、19型レグザが835円! Lenovoのパソコンが調味料より安い! っていうのが分かりますよね。ちなみに全部新品未開封です(DMMはAmazonさんから買い付けてます)。
この情報は嘘ではなくて、実際に地デジテレビを835円で競り落としているはずです。

こんだけ安いなら俺もやる!って飛びつきますよね。それがペニーオークションの魅力&罠です。

835円でテレビを売ってたら、DMM破産するんじゃね?って誰もが思います。
でも言いましたよね、1入札70円って。70円ってジュースも買えねえじゃんってバカにした人は甘いです。

835円まで5円ずつ(0円から自動入札で始めたとして)上がったとしたら、835÷5=167。167回入札しているんですよ(実際に何回入札したのかは知りません)。167回×70円=11690円。

つまりこの人は11690円+835円+315円(送料)=12840円でテレビを買ったことになります。まぁそれでもこの場合は安いですけどね。でも一見835円に見えても12840円ならイメージは違いますよね。(2040円のMacBookも最大144,840円出している可能性があることになります。)

もしこの人が835円のときに、ぽ~んとタイミングよく入札して、他の人がみんな眠りこけていたとしたら、この人は70円+835円+315円=1220円でテレビを購入しています。が、まずそんなことはないと思います。

さて、ここでの搾取の仕組みで卑怯うまいのは、同時にみんなが自動入札で価格を上げても普通なら5円×100人入札で、ばばばっと積み重なるように価格が跳ね上がって500円になると思うのですが、このシステムではあくまで5円しかあがりません。
となると、もし上のテレビに100人が入札殺到していたら、概算(最大)で11690円×100人=1,169,000円DMMさんは獲得していることになります(ちなみにこの商品はAmazonさんで48,900円でした)。
nandatte.gif

100人は言い過ぎでも10人(見てると高価家電はそれ以上いる)でもDMMさんは儲けるのですよね。で、落札できなかった9人はボッシュ~トとなるんですが、あくまで前もって買ったポイントがなくなっただけなので、感覚が麻痺している。そのへんのやり口も汚いうまい

一応救済システムで、失ったポイントを使って、安く売ってあげるよ、というもはやオークションでもなんでもないな、というシステムがあります。もったいないので、それを使って転売しようとすると、さらにDMMさんにとっておいしいことになるのです。ただし、中には運よくかなりの安価+数回の入札だけで獲得できるものもあります(Wiiのソフトとか30円で買えたりする)。その場合は、さすがのDMMも損をしているのかもしれません。


ということで、1000円分のサービス14回分の入札チャンスでどこまでできるか試してみました。


1回戦:超音波電動歯ブラシ
やっぱプレステとか大物家電は人気なので、ちょっとだけさびれたコーナーで、手動入札をしてみました。
数人の入札バトルがあったので(終了直前で入札があると残り20秒まで戻されます)、70円をけちってライバルが減るのを待ってたら、みんなが偶然同じ考えをもったらしく、70円で落札終了!!
目の前で音波歯ブラシ(3500円前後)が70円で落札されるのはけっこうショック!



2回戦:Wiiマリオギャラクシー
ちなみに北条さんはWiiを持っていません。先にWii落とせよという意見は聞き入れません。「カッとなってやった。今では反省している」。
今度は先行入札(15円)する。

ここでパソコンがフリーズ!


再起動して復活したときには、30円で落札されたマリオがドナドナの音楽とともに売られていくところでした



3回戦:再び超音波電動歯ブラシ
さっき安くいけたんで、うまくいけば・・・という安易な考え。
最終的に一人の人と一騎打ちになり、粘り合戦を繰り広げたが、残ポイントがなくなり敗戦。
またもや70円でお引取りになりました。

「くやし~い、よし一気にポイントを1万円分買ってばんばん入札するゾ♪」





</ペニーオークションやめました>




安易な考えで始めるとこれは絶対にやけどします。

1000円分は紛れもなくタダなので、やってみたい人はやってみるといいでしょう。もしかしたら100円でプレステやテレビが落とせちゃうかもしれない。
でも14回の入札だと何もできずに(上記参照)終わるから、もしかしたら正しい使い方は
・ジュースセットやUFO焼きそばセットなどを狙う(真剣になる人が少ないため)
・落札できたらラッキー
・落札できなくても14回分×50円=700円引きで買える(救済措置)
・2000円の商品-700円+315円(送料)=1615円 で買えるぞ! ダイエーの方が安いぞ!


たぶん株の取引とかやっている人ならうまく活用できるんじゃないでしょうか。PCの前に張り付いていなけりゃならないから、時間も取られるし。。。
でも、中にはサクラ入札があるサイトも存在するようだ。安い入札を防いで、高く吊り上げる、万が一引っかからなくてもサクラなんで実際には買わない、というシステムだ。確かに、自分がもしこんなサイトを運営するなら、コンピュータが適当に偽入札をするシステムを作るだろうね。
hanzai.jpg
まあどんなことにも甘いだけの話などないということですね。下手の横好きではまらないように気をつけてください。

これからも素直にco.jpだけを愛することにしました

(c)あずまきよひこ・アスキー・メディアワークス
(c)バードスタジオ/集英社
(c)あらゐけいいち/角川書店
(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK