<  2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2011/02/12

また来月にドラえもんみたいな映画をやるっぽいですね。
今の制作サイドはどうしても千秋に活躍させたいようだ。声優を軸にしてストーリーを考えるってどうなんだろう。北条です。


先日ある漫画を読んでいたら
(c)栗原正尚/集英社

こんなかっこいい帽子をかぶっていた。

「HTML」

もうこれだけで、「俺、Webサイトやってます」と言っているようなものだ。それもちょっとタグ打ちしてるっぽい感を漂わせている。
帽子だけですべてを語るなんてかっこよすぎる。

これがプログラマーだったら・・・

こんな帽子になるのだろうか(北条さんはプログラムをまったく知らないので偏見です)。

映像関係の仕事なら

こんなんだったりするかもしれないが(例によって偏見です)、映像の世界は日進月歩で新しい技術がすぐに生まれるので

こんな帽子のほうが長く使えるだろう。

日曜大工な好きな人には

こんなのがおすすめです。

もし自分が日本人に見えるかどうかが不安ならば

こんな帽子がある。


この帽子は「OEM販売」のことではなく、当然

Ore、DORAEMON

の略である。

今後、デジタル放送の受信料を払っている人は

これをかぶらないといけない規則になるかもしれない。

ゲームが好きな人は


自分が秘密警察に属していることを公にアピールしたければ

これをかぶればよい。

KGBに追われている立場の人ならば

こっちをかぶろう。

帽子には命を守る効果はありません


「俺、やっぱ人間じゃないかも」という自覚がある人ならば

これしかない。

この「UMA」を追っている立場の人ならば



MMR