コンテンツ 


 冒険の書 
第1章
第2章
第3章
第4章
最終章


 AMAZON 


剣神ドラゴンクエスト

剣神ドラゴンクエスト

序章 勇者誕生

更新が途絶えだしてきてもですね、

「どうしたんですか? 病気とかなんですか?」とか
「恋人とかできて遊んでるんでしょうか?」とか
「ついに就職できたんですか?」

などといったことは誰も思わずにスルーされるのはもう慣れたわけですよ。

実際、そんなことではなくて、ドラクエにはまっていただけなんですけど。

ちょうど半年ぐらい前にドラクエ8が発売され、みんな更新が途絶えてました。

まあ絶頂期も過ぎ去ったわけですし、私もドラクエをはじめようと思ったわけです。



 !?

なんだ、なんだ! 勇者の姿がいつになくダサイぞ!

- - - - - - - -

話はさかのぼること数週間前……

ゴルゴさんが衝撃の告白。

ゴ「剣神ドラゴンクエストっていうの昔やっててさぁ」
北「ほぅ、それはどういったものなんですか?」
ゴ「画面に映った敵とかを実際に、付属の剣で切るやつ」
北「まさにバーチャルですね。面白そうじゃないですか。ぜひレビューしてくださいよ」
ゴ「いやいやこの年になってまであんな痛いものはできん。
  むしろお前んとこレビューサイトだろ、やれよ」

なるほど、ゴルゴさんは20代半ばの社会人。画面に向かって剣を振ってる場合じゃないですよね。


↑30歳


第1章 旅立ち(遠い世界へ)


剣神ドラゴンクエスト 買ってしまった……

さてさて、ドラクエなどのファンタジーワールドに入って主人公になりきるのはよくあること。

そんな夢を実現させたのがこの「剣神ドラゴンクエスト

自分が実際のプレイヤーになって、敵を倒すのだ(・∀・)

よく漫画とかで、親が勝手に家に掃除しに来るとかあるけれど、

今、一番来て欲しくない

ていうか、来たら病院に連れてかれると思う……

そんな恐怖におののきながら中身を確認すると
剣神ドラゴンクエスト

こんな感じで、専用ハードと、その赤外線を受ける剣と冒険の書(セーブ用)

なんでもこの剣が「ロトの剣」らしくて本物に忠実の大きさらしいが、

明らかに小さすぎて、むしろ「竹やりの方が強くねえ?」って感じは否めません。

赤外線って言っても、遠くでは働かないので

剣神ドラゴンクエスト (説明書より)

結構狭くないか?

二人対戦モードもあるらしいが、どうみたって

剣神ドラゴンクエスト

実際の殴りあいになるんじゃねえのか?格好にはあえてつっこみません)

ストーリーは、竜王を倒してローラ姫を救出するというドラクエTのストーリー。

まあ、一人だけなので妥当なところ。

II以降の話だったら、友達が必要だし、馬車も付属させなければならなくなる。

まあそうゆーシステムはゲームセンターとかに導入すればいいんですよ。

友達3人で、剣を振ったり、ホイミを唱えて助けたり、世界樹の葉を使ったりして、
「奈麻子! オレにべホイミを……」
「きゃぁ!」
「どうした!」
「浩志がラリホーで眠っちゃってるの〜 いやぁ、腐った死体がぁぁぁ」
「貴様、オレの奈麻子に! うぉぉぉぉぉぉぉ」

日本って平和ですね

それはさておき、こちとら孤独にテレビに向かって剣を振るわけでして、

フィールドに現れる敵を、攻撃を受ける前に倒すわけですよ。

敵が一直線に揃ったところで



「まとめ斬り〜〜」

と叫びつつ、中腰になって剣を振るう。これは気持ちがいい。

もう一人叫びながらドタバタやってるもんだから、最後の敵は竜王ではなくて

むしろ下の階に住んでるおばちゃんじゃねえの? って感じです。

まあ、そんな最後の敵「ババア」が現れた暁には、開き直って

「ベキラマッ☆」とか言って、おちゃめなところを見せようと思います。

「ババアは『立ち退き書』をかざした。
 どこからともなく引越し軍団があらわれ、部屋を片付けていく」


ババアは強そうなので、少しおとなしくしてストーリーを進めていくとしましょう。

どうでもいいけど、前に進むときとか、メッセージをクリックするときも剣を使うのが面倒だ。

なかなか反応してくれない。

剣神ドラゴンクエスト
▲へっぴり腰の勇者

スライムやドラキーなどを殺して進んでいくと、洞窟に入っていくんですが

モジャモジャうるさい奴が現れて、魔法攻撃なんかしやがるんですよ。

なになに「剣の腹を紋章(本体)に向けろ?」。

剣神ドラゴンクエスト

なるほど、このロトの剣は、盾の役目もしているのか……

剣神ドラゴンクエスト 確かにバリアが出てる

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

剣神ドラゴンクエスト ま、まてよ!?

ということは、もしかして……

(次号に続く)
(c)SQUARE・ENIX

 インデックス | 第1章 | 第2章 | 第3章 | 第4章 | 最終章 | ……