マリオの基本攻略法〜敵編〜  トップ
(c)任天堂
操作さえ、マスターすれば敵など取るに足らないものであるが、少しだけ解説しよう。

9:踏んで蹴っては一動作で!

一動作とういと語弊があるが、ようは踏んでから着地して蹴りなおすというのはかっこ悪い。

ノコノコやメットなどを踏んだときは、着地することなく蹴り飛ばそう。
踏んだらそのまま蹴る!
この際、蹴る方向も制御できなくてはいけない。もちろん踏むだけの場合もある。

パタパタでは「羽を取る」→「踏む」→「蹴る」と一工程増えるが、同じようにやろう。

10:連続踏みもマスターしよう!

よく敵さんはなかよく行進して現われることがある。一匹一匹倒していたのではキリがない。

このように連続して踏めるようにしよう。これには「技1」のジャンプ高が影響することも覚えておこう。

しかしこの技は余り多用することはないのが実際だ。

なぜならマリオでは敵を倒すことは主の目的ではないからだ。

必要以上に敵を倒さない(蹴らない)のもマリオをこなしていく上で重要なことである。

11:キラー砲台の安全圏を知れ!

キラーを放ってくる砲台。意外とこの発射規則を知らない人がいる。

砲台は、間1キャラクタ分以内ではキラーを放ってくる来ることはない。

この場合、右の砲台からはキラーは絶対に発射されない。

左は3キャラ目になる(間2キャラクタ)ので、ばんばん撃ってくる。

この規則は攻略というより、休憩する場面や左のようなキノコ待ちの場面で利用するとよいだろう。

12:パックンフラワーの安全圏に乗れ!

土管の上に生えてくる花、パックンフラワーであるが、土管全体がダメというわけではない。
左図のように端は安全圏である。「2」の赤花は真横にいても出現するので多用する。

ここに乗ること自体は決して難しいわけではない。

これをハイジャンプ着地でピンポイントで着地しないといけない場面が生じるのである。

その際は、前述の技を駆使して、ここに着地できるようにがんばろう。

13:パタパタは下をくぐるのが吉!

敵は踏むか飛び越えるか、とお思いの方が多いと思う。

しかし、飛び越える必要もなく、すり抜けることがいる敵がいることをご存知だろうか。
パタパタ様である。こいつ自体が飛び跳ねているのである。

不必要なジャンプは思わぬ惨事を招くこともあるので、

タイミングを見計らって、下を通り抜けるとよい。

もちろんBダッシュは基本ですが。

14:最強モンスターハンマーブロスを100%攻略せよ!

無敵のハンマーをビュンビュン投げてくるハンマーブロス。

ここでやられないのが、マリオ攻略には欠かせない関門の一つ。しかし、攻略法にはいくつかある。

●下から突っつく

基本中の基本。でもこれは特定のフォーメーションのときにしか使えない。

スーパーマリオのときはブロックが壊れるから要注意だ。狙いをつけよう。
この陣形は有名ブロックが壊れるときは慎重に

●下をすり抜ける

これも基本。ハンマーブロスは必ずジャンプするから下をすり抜けるのである。

ジャンプするタイミングを見計らってBダッシュだ。
この間合いで待つのは定石ジャンプした瞬間にBダッシュあとは逃げるのみ

●ハンマーの間をすり抜けジャンプ

これは高度だ。ハンマーは一定の間隔で投げているので、この間隔が短くなることはない。

そこでそのハンマーの間をハイジャンプで逃げて行こうというのだ。

思いっきりが必要だが、意外とうまくいくケースも多い。

この軌道が狙いタイミングが命

●踏む

これができれば苦労はしない。前述のように、ハンマーの間隔を狙うのだが、

「前のハンマーに当たらず」「ブロスにつっこまず」「次のハンマーが出ない」

ように踏まなければならない。タイミングとジャンプ高の的確な判断が必要だ。

これが確実にできればハンマーブロスは怖くない。練習あるのみ。

ハンマーが出た瞬間小ジャンプ練習あるのみ



以上が敵編でした。こう考えるとクッパなんてどうでもいい気がしてきます。

それでは、その他マリオをやっていくうえでのワンポイントを紹介しましょう。

15:コインは二の次三の次!

はっきりいってマリオにコインは必要ありません。

それは100枚集めると、1人増えますよ。でも、マリオで1人増えても別にうれしくない。

コインに執着するのならテンポよく解いていったほうがいいのだ。コインは足どめになる。

隠しブロック以外のコインは気まぐれで叩くぐらいの気持ちでよいだろう。

1UPは1UPキノコで行おう。

16:時には思いっきりも肝心!

マリオは1ステップ1ステップ確実にという感がある。難しくなるとなおさらだ。

しかしBダッシュを決めて豪快に行くのも意外とうまくいくケースが多いのも事実だ。

このような面がある場合、Bダッシュ小ジャンプで真ん中の1ブロックに、そこから大ジャンプでジャンプ台に

とするのが定石ではあるが、Bダッシュ着地で止まれないという心配もあるだろう。そんなときは、
そのままハイジャンプを連続していってもよいのだ。一通りにとらわれず思いっきりやるのもマリオの醍醐味なのだから。


このようにマリオの基本テクニックを挙げてきたが、これ以上にも数え切れないほどのテクニックが存在する。

しかし、普通にやる分にはこれだけこなしていけば充分に太刀打ちできる。

あとは出現キャラなどの法則を覚えて、ケアレスミスを抑えていくことだ。

なんか誰でも楽しめるといった割りに難しいことを書いてきたようだが、何もいきなり全部できなくてもよい。

そのうち練習していけば自然とできるようになっていくだろう。それがマリオの楽しさなのである。

それでは、これからゲーム別に攻略をして行こう。

No Copyright (C) 2003 USO8oo Japan Corporation. All Rights No Reserved.