総括【笑ゲー】  トップ

笑ゲーとは?

 さかのぼること、1983年7月15日。この日、日本に大革命が起こった。

 青函トンネル開通である。いやいやそんなことではない。

 株式会社任天堂からファミリーコンピュータが発売されたのだ。

 当時の子供たち、家庭は激震したのだった。

 それまでは、ビデオゲームと呼ばれる、ブロック崩し程度のゲームしかなかった。最高級品が「与作」。

 PC-8801などのパソコンは子供には高級品だった。そこに家庭用ゲーム専用機!

 キャラクタが動く動く! ポリゴンで回転する!(嘘です)

 この革命で、テレビの視聴率が一瞬下落したらしい。それが逆にもう1台のテレビ購買にもつながった。

 まさにあのころの景気は任天堂さまさまだったのだ。

 今の子供たちはそのころの「ファミコン」を知らない。

 3Dのキャラクタが動き、しゃべり、飛び出てくる(嘘です)のが当たり前だと思っている。

 確かに今のゲームに比べれば、ちゃちで、つまらないかもしれない。

 否! それが魅力である。我々優良種たるジオン国国民はたたねばならんのである。

 まあ、それはそれとして、あのころの想い出ひとつひとつが懐かしいわけだ。

 最近、バントホームランの話題が出て、涙ぐみそうになった。過去の光景がフラッシュバックする


「先輩! わたし野球覚えたんです」

「そうか、萌子(仮名)ちゃんも野球に興味を持つようになったのか」

 萌子の頬を赤く染めているのは、夕日のせいだろうか……ふとそう思った。

「バントって、ホームランになるんですよね」

「!!」

「同じ塁に何人いてもいいんですよね」

「!!」

 私の頬を伝う一筋の滴は、なみ「先輩、鳩のフンが顔についてますよ〜」


 ……それを思い出したとき、レビューをやらねばならんと思った。そう、あの頃の自分を取り戻すために……

 裏山に埋められている萌子のために……


 ここからが本題であるが、ファミコンゲームは、「クソゲー」と呼ばれるものが多い。

 はて、どういう意味でしょう? クソという言葉を連呼すると汚くなるので「超」に変えて話します。

 要するに、つまらない、操作性が悪い、設定がいい加減……な作品のことである。

 それは今を基準にするからそうなるんですよ。所詮8ビット機に多くを期待してはいかんのです。

 坂道でジャンプしたら死んだ? 難易度の高い操作を要求しているんですよ。

 1人で一揆? 500人も入り乱れたら画面動かんでしょ。

 壁からナイフが飛んできた? 支障はないでしょ。 ナイフに見えない? 8ビット機ですから。

 1時間待たないと地図が浮かんでこない? ……それはクソだ(あっ使っちゃった!)

 ネット上には、数々のクソゲーをレビューしているサイトがある(もういいや)。

 しかし、擁護をしているケースも少なくない(なぜかたけしの挑戦状だけは擁護されていない)。

 ただ残念なのが、レビュー始めてすぐ飽きて、3つぐらいでやめてしまっていたり

 画像が1枚もないから、知らなきゃ何も伝わってこなかったり

 やっぱり知らない人、世代にも伝えてこそ真のクソゲーレビューになるのではないだろうか?

 そして、前述の通り「クソ」は今となっては、「(笑)」である。だから「笑ゲー」レビューと銘打たせてもらう。

 当時は3600円も出していたから、笑えなかったのだろう。今ならプリングルスより安い。

 大いにその矛盾、操作性を堪能しようではないか!

 そしてそれを自称テキストサイトのくせにやろうというのだ。もう普通のレビューではないこと必至!

 そう、これは攻略サイトではないのだ。おもしろければそれでいいのだ。

 始まりの5秒がおもしろいのなら、5秒しかレビューしない。

 そして、知らない人にも伝わるように画像を駆使する予定だ。コラージュしてもいいだろう。

 重くなるから嫌? そんな人は街で袋下げている人から機械もらって、サインしよう! 快適だぞー(回し者)

 そして、数! 目指すは100ゲームです。達成の暁には、出版業界の方どうですか? 一冊。


 ところが私は当時1年に1本しかゲームを買ってもらえなかったので、たくさんやってないんです。

「友達と宿題やる」と嘘ついて出かけて、ポートピアやってましたから

 泣いて帰ってきて「どうしたの?」と聞かれて「ヤスだった……」と意味不明なこと口走ってましたから。

 というわけで、みなさんの体験もぜひお寄せください。レビューしてみせます。

 せっかく調べたからついでに書くけど1990年11月21日にスーパーファミコンが発売されました。

 街は大騒ぎでしたね(記憶にないけど)。

 これの思い出も多い。センター試験1週間前にドラクエ5を解いたんですよ、1週間前。

 で、大学落ちたわけですよ。もうスーファミとは一蓮托生、共存共栄ってわけですよ。

 泣いて帰ってきて「どうしたの?」と聞かれて「裏面があった……」と意味不明なこと口走ってましたから。



 ビバ! ファミコン! ビバ! スペランカー! ビバ! 燃えプロ! ビバ! ヤス!ってお前かよ!


※なお、やむを得ずシモネタが飛び出す可能性もあります。ご了承ください。


No Copyright (C) 2003 USO8oo Japan Corporation. All Rights No Reserved.