OUTER WORLD013(SFC-03)  トップ
もち持ちさんのリクエスト
山下との駆け落ち日記公開

スーファミ
1992 ビクター
エロゲー
ストーリー☆☆☆☆☆
操作性★★★☆☆
サウンド★☆☆☆☆
難易度★★★★★
★★★★★
爆笑度★★★★★
話題度★★☆☆☆
ハードボイル度
(c)ビクター

依頼レビューですが、依頼文に「元祖トゥームレイダー! 初のポリゴン」とある。

「ドット単位の操作、コンマ秒の迷いが命取りの超難ゲー」とあります。

ですから私のようなゲーム下手にこんなゲームのレビューは無理だと思いますが……

スーパーマリオ以上にアクション性の高いゲームは無理です。

これからは五目並べとかゴルフとかアクション性の低いものをお選びください。

このゲーム、舶来品(OUT OF THIS WORLD改題)なのですが、洋物特有の死にゲー(死にまくる)そのものです。

ドラゴンズレイアーみたいなものです。

この続編となる「フラッシュバック」はやったことあったのですが、あれは途中で放棄した。

でも結論を先に言うと、頭も使うし、ツッコミどころ満載でおもしろかったです。

他のサイトでもレビューしているのを見たけど、同じようなことを考えるようだ。

ストーリー

オープニングの一部ですが、このように激しく見にくいストーリーが流れていきます。

要約すると、これは1人の男の日記を体験するゲームのようです。

彼が飛ばされた異次元で起こる不可解な出来事。高度な文明、未知の人種。

今、それを変な模様の洞穴で書く彼。

それがどうしてフランスの研究所で見つかったかは言及しません。

壮大なストーリー、始める前から期待が高まります(別な意味で)

オープニングがすごい!

オープニングムービーから飛ばしています。これだけで日記どころか1冊の本ができそうです。

どうやら主人公のようです。

私には悪者にしか見えませんが……

夜にフェラーリーで研究所にやってきます。

セキュリティーチェックが厳しいです

が、入り口が鍵なしで開くようです。
人物認識システム作動中...「こんばんわ、教授」という文字。

ここでこの人が教授だということが判明します。

確かレクター教授だった思います(右写真)。

レスターだったかもしれません。

どっちでも大差ないので、

以後、レクターで統一します(強引)。
実験中、余裕でジュースを飲むレクター。

いや飲むのは別にいいけど

空けるときの音が非常に気になった。

バシュッというよりはベリッって感じの音。

この後、おいしそうにジュースを飲みながら異次元に飛ばされます。


突然画面が変わって、水の中になりました。


まだオープニングムービーが続くようです。


異次元に飛ばされたのでしょうか?


もう飽きてきたんですが……


なんか「PRESS "B"」で続くようです。

いよいよ本編始まりの予感です。

下のアクセスコードは本編からのパスワードでしょう。

それでは、いよいよ本編の始まりです。気を引き締めましょう。

PRESS B!!

ヒントなしの究極ゲーム

おんやぁ?


なんだか、同じ画面が始まりましたよ?
つーか、もうゲーム始まってるじゃん。

これってゲームオーバーの画面じゃん!

何もわからずに何回死ねばいいのさ!

って何が起こったのかわからないじゃん!

もう5回以上同じことを繰り返す。
わかりにくいから、現われる岩にスポットライトを当ててみました。

確かに何か得体の知れないものがいます。

これがレクターだって?

わかるわけねえじゃん!

結局、ここは上に向かって泳ぐが正解でした。

突然異次元に飛ばされて、水の中……そんなこと普通考えません。
なんかヒルみないなものが這っています。
ホワット!?
・・・・・・

もうこれからは何もかも疑ってかかったほうがいいようです。

死に至った経過は「レクター・山下、愛の軌跡」で展示中です。

基本的にこのゲームは一本道であり、他のルートはありません。

ランダム要素もほとんどありません。でも激ムズ。
猛獣から逃げていると(すでに20回死亡)黒装束軍団と出会います。

このルートが違っていたら為す術がありませんが……
ぐはぁー

まだ全体の3%も終わっていませんが、この量です。思ったり長くなりそうなので、とりあえず第1部完ということで。

さて撃たれた主人公はどうなる? タイトルの山下とは誰? はらはらどきどきの展開!

第2部へつづく

USO8ooトップ 笑ゲートップ