タッチ033(FC-23)  トップ

超本格高校野球ゲーム 〜目指せ甲子園〜

ファミコン
1988 東宝
野球ゲーム
ストーリー★★★☆☆
操作性★☆☆☆☆
サウンド★★☆☆☆
難易度★★☆☆☆
爆笑度★☆☆☆☆
協力度★★★☆☆
ピッチャーマウン度
(c)東宝・小学館・あだち充

「タッチ」ファン及びあだち充ファンはこのレビューは自己責任でお願いします

「タッチ」といえば、
「上杉達也は浅倉南をあいしています  世界中の誰よりも」

でおなじみの高校野球漫画の金字塔でございます。

昨年も映画化され話題になりました。(そして忘れ去られた頃にレビューする)

西南の西村対決、須美工新田との緊迫の場面などいいですよねぇ。上杉のチームは……南葛だっけ?

と、いろいろと忘れてしまっていたタッチですが、ファミコン版があるので久々に甲子園でも目指そうかと思います。

予選を勝ち抜いて甲子園を目指していって、途中に南とのエピソードが入るというシステムは容易に想像がつきます。


上杉第1球目を投げました





新田くん、かまえて
 カキーえぇ!!!!

( ゚д゚)



(つд⊂)ゴシゴシ



(;゚д゚)



(つд⊂)ゴシゴシ



(;゚ Д゚)!




なに、これ?


「シティアドベンチャー タッチ トライアングルミステリー」

一瞬、自分は違うゲームを買ってしまったのじゃないだろうかという錯覚に陥りました。

まあ、世の中にはまったくテニスをやらないテニスゲームもあるようなので、往々にしてあることなのかもしれませんね。


ストーリー
飼ってた犬が、異次元空間に落ちてしまいました。
達也、和也、南は犬を救うため、パラレルワールド(えさの皿)に足を入れました。
はたして、三人は犬を無事に救出できるでしょうか?

とってつけたような強引ストーリーに巻き込まれた上杉家&浅倉家。

お前ら、野球はどうした?

ゲーム自体は、アクションRPGであると主張して、日本ファルコムから訴えられなければそうです。


さて、このパラレルワールドは、意味も分からないままいきなり敵が襲ってきます。

おもちゃみたいな敵なんですが、なぜか襲われます。

こちらの武器はさっき見たように

 デッドボールです

こんな場面を原田君とかが見れば、「お前らが野球をやってたのはこんなことするためだったのか?」
と激しく怒られてしまうのじゃないかと思うんですが、それはそれとして

ともかく上杉兄弟はこのボーリング球のようなボールで敵を倒していきます。

旅の目的は犬を救出することです。グーニーズみたいな感じですね。

犬を救出という朗らかな設定の裏では、魑魅魍魎とした殺戮が繰り広げられているわけです。この世界の「タッチ」では。

で、画面を見ても分かるとおり、三人います。見てのとおり、どっちかが達也です。

当然動かせるのは一人だけであり、適当に達也と和也を交代しながら敵を倒していきます。

世の中には一人クリアとかひねくれたことをしている方とかいますが、タッチでは必ず三人セットなので、一人クリアができないんです。残念!!

あっ、二人用もあるのでそれだと楽ですね。レビューも。だから遊星さんは今度、和也を操作しに来るといいと思います。

ちなみに南は二人の後をただついてきて、敵にぶつかると、


こんな感じで、地面に座り込んで泣いてしまいます。はっきりいうと邪魔というやつです。

でも、敵に触れても死なないところを見ると、頑丈なようです。さすが新体操部です(意味不明)。

そんな感じで、二人は飛び道具をぶつけながら敵を倒して、情報を入手しつつ、謎を解いていって犬を10匹救出していくわけです。

途中で、原田、松平、新田、西村、お父さん、お母さん、マスターなどのタッチのキャラクタは一切登場しません

ん?

もしかして、これは本来言ってはいけないことのような気もするんですけど……


このゲーム、「タッチ」である必要性がどこにもありません

(ノ∀`)アチャー


でもこのゲームは謎解きが多い割りに、ヒントもちゃんとあるので、無理なく解けるという点ではよいかと思います。

マップは広すぎて、似たような景色で迷うという特徴があります。

しかしながらよくわからないのが、



このステータス部分で、何も単位がないこの数字なんですが、これが

・敵にやられると減る
・敵を倒すと増える
・物を買うと減る

という経験値なのかお金なのか体力なのか実に曖昧な数値なんですが、まあゲームとしてはわかりやすいからよしとしましょう。
ちなみに「0」になるとゲームオーバーです。

最初は

こんな感じのおもちゃの街を徘徊していたのですが、謎が進むと


こんな幽霊の街に連れてこられたりします。

ガイコツや幽霊ももちろん野球ボール(大)で倒します。

彼らも「なんで甲子園目指してた俺たちがこんなことしてるんだろ」とか思っているんでしょうが、

「なんで休みの日にタッチなんてレビューしてるんだろ」と思っている人もいることを覚えておいたほうがよいかと思います。

ちなみにアイテム満タンでこの街に来ると「きみたちにこれをあげよう!」(チャラリ〜ン)

という音とともに持ち物いっぱいで結局何ももらえず、アイテム欠如のままゲームを進める羽目になるのは仕様ですか?

このゲームは、敵も特に強くなく、体力が0になることはよほど無駄な買い物をしない限り大丈夫なのですが、謎解きもいたってシンプルで


街の水溜りを集めると犬が現れるとか、理にかなった謎ばかりです。


そんなこんなで進めていくと、何の前触れもなく

 ボス戦が始まりました

タッチで「ボスキャラ」というのが、実に結びつかないキーワードです。

ジャンプなら格闘漫画に転向していたのかもしれませんね。

しかし、倒し方を知らずに来てしまったためか、奮闘空しく

 和也 死亡!








 ウソみたいだろ。

たいしたキズもないのに、
ただ、
ちょっと打ちどころが悪かっただけで……

 もう動かないんだぜ。




背番号のないエース

You ロッカー室の Cry 伝言板に
君の名を書きかけて
You 折れたチョークさ… Cry ふと振り向けば
うつむいた君がいた
  グランドを走って逃げる
  蒼い影 にじんだ

  ハートのエース 背中に隠し
  あいつのことをヨロシクなんて
  お人好しの強がりだよね wow wow
  好きな気持ちを打ち消しながら
  恋のマウンド ひとりで降りる
  背番号のないエースさ
  Heartache

(END)

USO8ooトップ 笑ゲートップ