算数 けいさんゲームシリーズ034(FC-24)  トップ

ビックバイパーの算数遊び

ファミコン
1986 東京書籍
学習ゲーム
ストーリー☆☆☆☆☆
操作性☆☆☆☆☆
サウンド★★☆☆☆
難易度★★★☆☆
爆笑度★★★☆☆
学習度★★☆☆☆
教科書ガイ度
(c)東京書籍・トンキンハウス

「ゲームばっかりやってないで勉強しなさい!」と言われてしまう人も多いはずです。

それを逆手にとって「じゃあ勉強もゲームでやろう」と考えた人たちがファミコンに侵出しました。

勉強できるファミコンといえば「ポパイの英語遊び」「ドンキーコングJrの算数遊び」が有名ですが、

我が国が誇る一流教科書会社が出した勉強ゲームをご存知だろうか。

それが今回紹介する「算数 けいさんゲーム」シリーズなのである。

歴史的背景を含め算数2年についてはrm *様(レビューはこちら)で紹介されているのでそちらもあわせてみていただければと思う。

USO8ooでは1年〜6年までを通して、本当に学習能力がつくのかどうかを見ていくことにします。


【さんすう1年 計算ゲーム】


上のタイトル画面を見ると「ベーマガの読者投稿プログラム?」と思ってしまった人もいるだろう。

アイコンがなんであんなバイキンみたいなやつなのかもあまり触れないほうがいいのかもしれない。

ソフトの趣旨としては、ゲームをしながら楽しく計算に強くなっていこう! というものです。

もぐらたたきとかカーレースとかそうゆう遊びをしながら問題を解いていきます。楽しそうですね。

決して計算ドリルで充分じゃん、などとは言ってはいけないのです。

たとえば引き算では、

巨大なカンガルーうさぎを操作して、上の式に合う答えを探した後、恋人に会いに行くというナッツ&ミルクを思い起こさせるゲームです。

  

正解ならば恋が実り、不正解ならばフラれるというものです。

「ふん、そんなものできて当然なんだから、おめでとうなんて言わないわよ。べ、別に待ってたわけじゃないんだからね!」 ちっとも萌えません

もちろんいもむしに触れると死にます。

ここで小学1年生の子は「うさぎはいもむしに触れると死ぬ」ということを学習できるわけです。


たしざん2では、



おそろしくデフォルメされている感があるんですが、人であって、ロボットではないと思います。

右の式にあう答えの歯を治療するというゲームです。青いミュータントは飛び越えます。

が、このミュータントが急に向きを変えたりしてうまいこと飛び越せず、アウトになりやすいです。

このシリーズに総じていえることは

正解にたどり着く前にすぐ死ぬ ということ。

学習する以前の問題のような気もします。

まあ、そんなこんなで正解の歯を治療して……



いででででででででぇぇぇぇ

さっきのほのぼのうさぎはどこへいったのやら、やけに大雑把なドリルで歯を攻撃しています。

これは子供に歯医者へ行かせないようにするためのゲームなんでしょうか?

他は「ジッピーレースもどき」と「バードウィークもどき」ですが、5分程度なら飽きずに遊べるかもしれません。


【算数2年 けいさんゲーム】

2年生になると掛け算が出てきます。

それにしても、rm *さんのところでも書かれていましたが、



主人公キャラクタの扱いがこれっていうのはどうなんでしょうか。

あと掛け算に登場するロボット組み立てゲームなんですが、



なんでこの人はロボット1体組み立てたところで体力がなくなって死ぬんでしょうか?

誰か教えてください。(素直に制限時間としなかった意図がよくわかりません)

ちなみに「2×6=18」と素で間違えたことは内緒です。

他は「ゴルフもどき」「もぐら撲殺ゲーム」です。


【算数3年 けいさんゲーム】

いよいよ割り算が出てきますが、ゲームでは割り算とか関係ないですよ。

数字の選び方が変わるだけですから。ただ、ゲームの難易度が高くなってきます。



これなんてUFOの間を潜り抜けて、正解の数字にたどり着くゲームなんですが、

操作がしにくくたいへんです。

なんで算数の勉強するのにここまで苦労しなくてはならないんでしょうか?



割り算の筆算を順に埋めていくゲームなんですが、怪獣が邪魔をしてくれます。

例に漏れず操作性が悪いため、最後まで計算できないままやられます。



やられるとパラシュートでビルから降りていきます。

なんだ無事脱出するんじゃん。




そのまま画面の外にってどこまで行くんだ!

パラシュートの意味が分からない。

その他は「潜水艦ゲーム」と「ルート16ターボもどき」。


と、ここまで一気に発売した東京書籍。売れ行きは言うまでもなかったのではないでしょうか。

昨今では、「大人の頭脳トレーニング」や「英語あそび」などといった学習系ゲームが売れているのに、この計算シリーズが売れなかったことはちっとも不思議じゃない


そんな苦境にもめげずに、次なる作品を出すこととなる……
【算数4年 けいさんゲーム】



小数、分数とさらに難解になっていく算数にどのようなゲームになっていくのであろうか。

っていっても何度もいっているように数字の選ばせ方が変わっているだけですけど。



悪魔城ドラキュラを思わせる、などといったらコナミから苦情が来そうなんですが、

上押しても下押しても前に進むっていう操作法はどうにかならんのでしょうか?


はじめて武器らしいものをもった主人公。なるほどナイフでもって相手をグサリと、



ん?



死んだー!!  ナイフ意味ねぇー


最弱主人公の座はスペランカーからこの無名の男にしたほうがいいんじゃねえの?

で、このゲームはドアの中に部屋があって、そのどこかに答えの数字が隠されているという仕組み。

もはや、算数関係ねぇ


気を取り直して「小数の足し算・引き算」に期待することにしましょう。






ちょwwおまw待てwww


ついにゲームを使いまわし始めたー!

やる気がなくなったのかリソースがないのかは知らないが……あんまりだ。

分数の足し算は



車で数字を探していく「ラリーXもどき」みたいなものです。

分数の計算は、大人になっても苦手な人が多いようなので、こんな車を操作しながら考えるのはけっこうたいへんです。

でも生意気なことにボーナスステージまであったりします。けっこう本気出してきてますね。


「小数のかけざん」はというと



うん、ある意味期待に応えてくれたよ

もう少し本気出して欲しいものです。


【算数5・6年 けいさんゲーム】


売れなくても最後まで発売しきる! しかし予算の都合上「5、6年が合併号」になったということだろうか。

さんすうゲームじゃなくて「けいさんゲーム」なので計算の限界かもしれない。苦肉の策。

小数のかけ算



あっ、ぼくこれに似たゲーム知ってるよ!

一気にゲームのグレードが高くなって、今までのボケアクションからシューティングになった。

しかし、その内容はもちろんグラ○ィウスには遠く及ばず、へっぽこ。

それでもまあ、今までに比べるとゲームらしいかも。でもそんなことよりおかしいことがあってね……



問題はいつ出題されるのですか?


そう、これはあくまで「けいさんゲーム」なのに肝心の出題が消えてしまっている。

と思ったら、しばらくやってたら出題ゾーンに突入した。



鬼のようなレーザーをかいくぐり、答えを見つけに行く。今までのシューティングがなんのためにあったのかがいまいち分からなくなる刹那。

「0」とか「9」なんて取りにいった日には間違いなく狙撃されるよね。

そしたらあっというまにボス戦になった。

いや、その、ボスが……ちょっと、いいのかなって……




あっ、ぼくこれに似たボス知ってるよ!(もっと大きいけどね)


小数のわりざん



 

もはや掛ける言葉も見当たりませんが……

これ、ハイスコアの10万点目指してたやついるのかなぁ。


分数の計算(もちろん両方とも同じゲーム)は、



「倉庫番もどき」みたいなゲームは割りとゲームっぽかったです。


という1年〜6年の算数でしたが、
・時間がかかる
・ストレスがたまる
・目が悪くなる
友達がいなくなる
連休がつぶれる

と、いいこと尽くめなので、5本全部揃えてみることをお勧めします。

USO8ooトップ 笑ゲートップ